アルビノな彼氏と付き合う女子高生からのメール(前編)

※メールの部分的な引用・掲載については、本人たちの許可をいただいておこなっています。

ある日、僕のもとにメールフォームから一通のお便りが届いた。

件名:はじめまして

高校生になり、今年、生まれて初めて彼氏を持ちました。
ネットで知り合った方で、白皮症の方でした。

唐突にはじまったそのメールに、僕はふしだらな…違った、胸をキュッと締め付けられるような、切なさのようなものを感じたんだ。

大学1年生(19歳)の頃の僕

…こんな感じの青春時代を過ごしてきた僕のところに、えらく真剣な内容の相談メールだなあって。
いや、こんな感じで、普通に楽しく過ごしてきた僕だからこそ、こういう相談が来たのかも知れない。

高校生で初カレが、ネットを介して知り合ったアルビノの人。
そのリアルな心配というか戸惑いのような感情が、メールには綴られていた。

彼は自分の容姿をひどく気にしていて、見ていられないときもあります。
彼の支えになるためには、何が一番いいのでしょうか・・・。

私のことをとても大切にしてくれます。

白皮症の男性は、彼女を持つとしたら、彼女に何を求めていると思いますか?
それから、こんなことをされたら、言われたら嬉しいなぁ、と思うこと、その逆の傷つくなぁ、と思うことがありましたら、もし、粕谷さんの気に触らないようでしたら、よければ・・・教えていただけますか・・・?

1通目のメールには、とにかく「どうしたら良いでしょうか?」と、たくさんの気持ちが溢れていた。
とてもピュアだ…、というか、彼女にとってこの彼は、間違い無くとても特別な人で、とてもとても大切にしたい存在なのだろうな。
すぐに、僕は彼女の思うところを、感じることが出来た。

だから、僕からの返信も、ちょっと丸く。

はじめまして。
メッセージいただき、ありがとうございました。
粕谷幸司です。

真剣な相談、僕に寄せてくれて嬉しかったですよ。
本当に、ありがとう。

>白皮症の男性は、彼女を持つとしたら、彼女に何を求めていると思いますか?

この質問は、とっても簡単だと思いました。
きっと、そう特別ではないことを求めていると思います。
僕の感覚を素直に言えば、
彼女に対しての思いは、アルビノじゃない普通の人と、特に変わらないです。
一緒に楽しく過ごして、いろいろ遊んで。
そんな風に、普通と変わらず、恋人でいたら良いんじゃないかな。
時々、アルビノだってことを忘れちゃうくらいに(笑)。
普通に、彼女として、普通の彼氏のように、接していれば良いと思います。

…もし、結婚まで考えることになったら。
その時はまた、別のお話なので、あらためて連絡ください(笑)。

ちなみに。
嬉しいと思うこと、傷つくことも、そんなに変わらないと思います。
僕は「キレイだね」って言われるのが好きだけど…。
思春期には、ちょっと恥ずかしいかな(笑)。

普通に彼氏を大切にするように、普通の幸せな時間をつくっていくように。
ちょっとリラックスして、彼の彼らしさを、見てあげたら良いんじゃないかな。

初めての彼氏だったら、どうすればいいかわからないことも多いかも知れないけど。
きっと、普通の恋愛だよ。普通に楽しい恋をすれば、良いと思うよ。

…今さらながら、自分の文章を見返してみると、ちょっとクドい。
けれど、素直にそう思ったので、僕はその通り書いて、送信ボタンを押した。

実を言うと、僕の初カノも、ネットで知り合った人だった。
何度か会いに行って、デートとかもしたけど、さすがに彼女が北海道だったということもあって、遠距離恋愛はなかなか上手に続けられずに、別れてしまったけれど。
いま思えば、高校生だった僕が、ずいぶんと頑張ったもんだなあ。
何度も北海道へ飛び、手をつなぐことさえほとんど無く、ただただ彼女のことを思っていたっけ。

…まあ、それにしても。
当時の僕だって、自分が先天性白皮症(“アルビノ”という言葉はもうちょっと後になって知った)だからといって“特別なお付き合い”を望んだ記憶はまったくない。
写真なんかもお互いに交換して、生まれつきこういう髪の毛も肌も白い人なんだということも伝えて、それでも僕と付き合ってくれるんだから。
それ以上、特別に何かを望むことなんてなかった。
…というかむしろ、僕は普通に恋愛に憧れていて。
手をつないだり、デートしたり、抱きしめたりキスをしたいと…、とても思春期ド真ん中的なことくらいしか、考えてなかった。
(「抱きしめたい」と言ったら「イヤだ」と断られたのも、今となっては良い思い出だ)

…と、相談者の女子高生からのメールは、すぐに返ってきた。

丁寧な回答をありがとうございます。

彼はわたしより1つ年上です。
直接そうだ、と本人が言ったわけではないのですが、話を聞く限りでは、容姿のことでいじめにあったらしく、外というか、人と会いたがらないんです…。
ネットで知り合って、写真をようやっとの思いでもらった時も、送るのを渋っていましたし…。

確かに白皮症(…アルビノといった方がいいのでしょうか…?)について皆無に等しかった私にとって彼の写真はとても衝撃を受けました。
ですが、同時に透明感のある、神秘的な姿に惚れたのも事実です。粕谷さんの言う通り、綺麗、という言葉につきます。
特に私は色が白い方ではないので、(彼の今までの境遇を抜きにして考えれば)羨ましいと思うくらいです(笑)

結婚についてはどうでしょう(笑)
彼も私もまだ先も長いですし、この年ですから、新しい出会いをしちゃうかもです(笑)
でも、別れても友だちでいたいと私は思っています。

私は高校に入る前に彼に会い、入ったあとに写真をもらい、それから高校で文系理系選択があって、そこでどうしよう…って思って、理系を選択したんです。
看護師か遺伝子の研究をしたい、って…。
それで、白皮症のことについてももっと勉強したいって…。
たとえこの先彼と別れても、その気持ちは変わらないと思います。

なるほど…。
外に出たがらないのなら、家でまったりスローライフを満喫すればよくて。あまり人に会いたくないのなら、人の少ないカフェとかに行けば良くて。
彼のことを考えつつも、普通と変わらない付き合いをすればいいんですね…!
恥ずかしながら、初彼でございます…///
男性の気持ちがわからないのはもちろん、白皮症となったら更にわからない!!ってなってしまって…。
聞いて良かったと思っています。

粕谷さんのサイトに、確か、小さい頃の、海の写真がありましたよね?
(※[粕谷追記]→アルビノについて(2012年11月)の2枚目の画像だと思われます)
そこで初めて海にも行ける、と知りました。
だから、私の今の目標はとりあえず。
彼と海に行くことです(笑)

あと…髪を染めたことがある、という内容がありましたが…。
大丈夫なんですか…?
彼にその事を話したら、少し明るい顔で、やってみたい、でも大丈夫かな…と言っていたので。

それから、先に謝っておきたいことは、もし前回、今回、そしてこの先粕谷さんが気分を悪くするような表現をするかもしれません。
もしそういうことがありましたら、おっしゃってください。
粕谷さんの気分を害するようなことはしたくないので…。

…ところで、冷静に考えてみると彼女のメール、とてもシッカリしてるなぁ!
目上の人に書く文章として、かなり気をつけているのもあるかも知れないけれど。
こちらから送ったメールの内容を丁寧に読んで、考えて、まとめて。
しっかりした文章で、こんなに書けるものなんですね、女子高生。
やっぱり、テレビで見ているような、ああいう女子高生ばかりではないのですね(語弊があります…スミマセン)。

それにしても。まずは本当に、真剣に彼のこと・この恋愛のことを考えている、とても真っ直ぐな人であることがわかって、僕はちょっとホッとした。
そして、僕からの素直な返答を、それこそ丁寧に受け止めてくれて、良かった。

病気だとか、遺伝子疾患だとか、そんなことばかりを気にしていると、アルビノな僕らは両手放しにハッピーなことばかりを考えていられないのも、現実だと思う。
彼女が、いてもたってもいられず僕に相談メールを送ってきた気持ちは、とてもリアルだと思うんだ。
だからこそ、ここまで真剣に、真っ直ぐに向き合ってくれる人が居てくれて、良かったと思う。
そして、僕の「大丈夫だよ」という言葉が、ちゃんと届いて、良かった。

…しかし、このメールにはまた、新たな質問がいくつか。
初回のメールの「どうしたらいいでしょうか?」というテンションからは、大いに好転していて喜ばしいけれど…。

うーん、返信に悩んだ。

アルビノな彼氏と付き合う女子高生からのメール(後編)に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.