その内包する“アルビノ・フェチ”を真正面から肯定してやるっ

どうも!

変態性欲・フェティシズムは内包すべきであってやみくもに解放しては犯罪行為ないしは危険行為につながる恐れがあるので厳重に注意すること。

アルビノ・エンターテイナー、粕谷幸司です。

あ、さて。みんなが忘れかけた1ヶ月前のことをまとめますっ。

前回の記事:アルビノtwitterアンケート実施☆「Q.あなたの好きなアルビノのポイントは?」で紹介しましたtwitterアンケートの結果が、どどーん!と出ています。

アルビノtwitterアンケート

選択肢を僕が設定しているので、まったく正確なアンケートというわけではないですが、そんなの承知のすけで。

見た目が真っ白で素敵………77%
人とちがう感性が面白い………12%
見た目が真っ白で異常・怪奇………6%
弱視・視覚障害でも健気に頑張ってる………5%

多い順に並べ替えたらこうなりました。

さあ!さあさあ!
…気付いてますよね?このヤらしい選択肢。
移動の電車内で思いついて、アンケート作成しながらニヤニヤしてたあの日、思い出します…。

解説いきましょう。

○「見た目が真っ白で素敵」は、誰もが心置きなく安心して選べる。

アルビノを「キレイだと思って好き」というのは、誰から見てもオーソドックスというか文句なしの選択。
実際に僕もそこをわかってて発信(写真出したりとか)してるところもあるので、トップになるのは想定通りですよね。
もちろん良いんです、それが良いんです!
真っ白で素敵だと思ってくれる人がこれだけいたということが、完全に嬉しいことでもあります。

しかし…。

○「人とちがう感性が面白い」というのは正直意外。

アルビノゆえに感性が人とちがう、と思ってくれている人がこれだけいたのは意外!
僕は、友だちには「アルビノで生きてきたからこそ、感じる・考えてることがある」という話をしたことがありますが。
不特定多数に向けて開いたアンケートで、これだけの数があるとは思いませんでした。
…ということは、僕の発信(twitterとかブログとかネットラジオとか)から、何かしら“人とちがう感性”を見出だせたということかしら。
それならやっぱり嬉しいね!?
そう、たとえば「弱視だから視覚に頼らずソレ以外の感覚を使いこなす」というようなこと、ままあるんですが。
アルビノ本人じゃない人にも、その感性をうっすら面白がってもらえてるというのは、本当に嬉しい。

○からの「見た目が真っ白で異常・怪奇」をどうとるか。

相方の中澤さんが「それって“真っ白で素敵”と本質的には変わらないよね」と、ズバリの着眼点をPodcastのトーク番組内で話してくれたけど。
まさにその通りで、実は「異常・怪奇」というのは見方によっては「素敵」とも表現できること。
ホラーやスプラッタを見てキャーキャー楽しむのも、最近じゃハロウィンなんかでゾンビメークしながら「キャハハ!」と笑っているのも本質的には似ていて。
僕はグロいものの魅力が一切わからんから、ゾンビメークして「可愛い」などとのたまっている人たちの感覚が全然わからないけれど。
アルビノについてもある一方からは「気持ち悪い」と思われていることは確かで、だとしたら「気持ち悪さが好き」という人がいても良いわけだ。
メークで言うと“血のり”というのも中二病カンケイではよくあるけれど、これも魅力がどうも僕にはわからんけど、セクシーだとか可愛いだとか感じる人もいるようなので、やっぱりそういうゾクッと感を好む人にはアリな嗜好なのかなあ。

それを考えると…、

○「弱視・視覚障害でも健気に頑張ってる」というのもあながち可笑しいことじゃない。

たとえば野球やサッカーなんかで、負けてるチームの方を応援しがちだとか。
三角巾で腕を吊ってたり、足にギブスして松葉杖の人に、なんとも手を伸ばしたくなるような感覚?
これを書いた時は、いわゆる24時間テレビ的な感覚を突いていこうと思い立ってのことだったけれど。
その、特殊な環境をひっくるめて「ドキドキしちゃう」という人がいても可笑しくない。
“泣ける映画”ばかりが溢れた一時期のように、それでも泣きたがる(=泣いて快感を得る・気持ち良くなる)人がいるというのも、実証済みの大いなる事実。
がんばってる人を好きになるのも良いことだと思うよ。
…僕は、かわいそうがって悦に入るようなことは“楽しさ”とは違うと思うけれど、けれどそれも「好き」のうちなら、やっぱりその感覚は肯定していきたいと思うんだ。

 
今回のアンケートで「好きなところは?」という誘導から入ったのも上手く噛み合って、しっかり見えたのね。

どれもフェティシズムとして見れば間違いなんて無い!(ざっくり)

キレイなものが特に好きなのも、
変わった感性が特に面白いと感じるのも、
異常・怪奇でゾクゾクしてきちゃうのも、
健気に頑張ってるからドキドキするのも、
どれもこれも、絶対数の違いで「普通か異常か:と分別されてしまうけれど、あって不思議じゃないし、むしろその“好き”こそリアルで大切な個人の感覚なんじゃないのかな。

変態性欲・フェティシズムは内包すべきであってやみくもに解放しては犯罪行為ないしは危険行為につながる恐れがあるので厳重に注意すること。

楽しいアンケートだったね!ありがと!

■関連記事
 □フェティシズムの定義から | Project One-Sizeのコラム企画
 □白い人 アルビノ/日本人として | KASUYA.net

◆twitter:粕谷幸司 / アルビノ・エンターテイナー ( @96mouse )

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

“その内包する“アルビノ・フェチ”を真正面から肯定してやるっ” への2件の返信

  1. アンケート結果拝見しました。
    面白い事になってますねw
    私もアルビノですがアルビノ好きな人に出くわした事がないのでこの結果は意外でした。
    認知度上がってるのかな?と

  2. 基本、コメント残すの嫌い。
    だけど、30年近い付き合いの友達がアルビノと言われる体質。
    私は学歴も職歴も人から羨まれるけど、彼女は私より遥かに素晴らしい人格を有している。
    三浦哲郎さんのご姉妹以外では初めて知った同じ体質の方に。
    できないこともあるけど皆と同じ人だと理解して貰えるように。
    私も祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.