グリコ『男のプッチンプリン<おつまみ冷奴風>』は、新食感につき…

こいつは…、知らないやつだ
だから、頭ごなしに否定をしないで、受け入れてみよう。

男のプッチンプリン<おつまみ冷奴風>

ネットニュースなどで見る限りでは、まったくどんなものなのかよくわからず。

初の冷や奴風プッチンプリン、ダシと醤油ベースで“男のおつまみ”に。 | Narinari.com

「男のプッチンプリン おつまみ冷奴風」は、1972年の発売以来、40年の歴史を持つ「プッチンプリン」史上初の“甘くない”商品。豆乳プリンをベースに、ダシと醤油、しょうが風味を利かせたソースを合わせ、「ちょっとした小腹満たしやおつまみにぴったりの味わい」(同社より)に仕上げた。

「冷奴?なら豆腐なの?? 何なの!?」
と、かなり気になっていたので。

現在、コンビニなどで販売中の洋生菓子
グリコの男のプッチンプリン<おつまみ冷奴風>を、いただいてみました。

グリコ『男のプッチンプリン<おつまみ冷奴風>』

見た目は、お豆腐ほど真っ白ではありませんでした!
運搬中にちょびっとタレと混ざったのかも?とも思ったのですが、とりあえず見た目は、微妙。

そして、食べてみると本当に新食感で、なんとも表現しがたい感じ!?

…落ち着いて考えてみると。

条件1:これは「=お豆腐」ではない。

商品紹介のWebページを見てみても、

男のプッチンプリン<おつまみ冷奴風> | プリン・ゼリー | 商品情報 | グリコ乳業株式会社

●豆乳プリンをベースとしたグリコ独自の配合で、リアルな冷奴のようなおいしさを実現しました。
●ダシと醤油をベースにしょうがの風味をきかせた味わいが、男性のおつまみや小腹満たしにぴったりです。

…とあるように“豆乳プリン”をベースとして作られた、これは“甘くないプリン”なのです。
種類別の項目にも「洋生菓子」とありますし。

そうなんです。これはお豆腐ではないんです。

条件2:「ダシと醤油をベースにしょうがの風味」

ご紹介にある通りなんです。
味わってみた感じ、これは“お醤油味”ではありませんでした。
最初にダシの和風な香りが口に広がり、生姜がけっこうハッキリと感じられて、最後にとても控え目に、醤油感が残るくらいで。

正直なところ、これでご飯は食べられません!

あくまでも“甘くないプリン”であり<おつまみ冷奴風>に仕上げてある商品。

…そう、そこまで一旦、フラットになってから、素直にピュアな気持ちで食べてみると。
これはこれで、美味しいっす。

プッチンされて40年。グリコ乳業プッチンプリン

本当に、例えば夕食の30分前に「どうしても小腹がすいた!」という時とかに。
甘くない、そして量も少ないこの『男のプッチンプリン<おつまみ冷奴風>』でしのぐくらいにちょうどいい、ような気がしました。

楽しかったです!

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.