賃貸マンションの窓ガラスが、いつの間にかヒビ入っちゃった時。

結論だけ、先にお伝えしておきましょう…。

“そのままで”って!!

マンションの窓ガラスのヒビ

ある日。
賃貸マンション在住の僕は、ふと気づきました。

普段は開けないカーテンをめくると…、窓にヒビ入ってね!?
でも、大したヒビじゃなかったので、気をつける程度にとどめて、放っておきました。

しばらくの月日が流れ。
また、久々にカーテンを開けたら…、ヒビ広がってね!?

なんだか、胸騒ぎ。ゾクゾクっとしたんです。ドキドキするんです。

なので今回、意を決して、管理会社へお電話してみました。

僕「あのー、窓ガラスについて、相談なんですけど…」

管理会社の担当の人(以下:管)「あー、はい」

僕「しばらく前に、窓ガラスにヒビが入ってるのに気づいて。で、しばらくしたらそのヒビが広がってて。どうしたらいいですかね?」

管「あの、網が入ってるやつですよね?」

僕「はい」

管「じゃあ、大丈夫なのでそのままでいてもらって、退去時に貸主様負担で直した方がいいですよ」

僕「…え?そのまま!?」

…驚きの展開。
僕は、管理会社が連絡の取れる業者に頼んで修理することになるか、または「自己負担で」と言われて自分でお金を払って修理するか、どちらかになるだろうと思っていたので。
まさか「そのままで」と言われるとは思ってませんでした。

そのお電話で聞いた限りですと、

  • 網入りガラスは「パリン」と割れ落ちないので大丈夫です
  • 網入りガラスは、中の針金が直射日光によって伸びた(膨張した)り、気温によってガラスが冷えたりするなどから、そのように「自然な熱割れ」がよく起きます
  • ガラスを入れ直しても、じきに同じ現象になることが多いので…
  • すきま風が入ってくるわけでもないですし…
  • 街を歩いてみても、そんな窓ガラスをよく見かけるでしょう(笑)

…おっ!?
何の解決にもなってないけど!?

…けれど、これが事実なのです。

賃貸とはいえ、これからも長く住む場合ならば、割れてからどうにかするのも残念なので、自費で修理するしか無いようでした。

うぅむ、どうにもスッキリしないのですが…。

しかし、そう言われてしまったので。
僕はガムテープでも貼り付けつつ、退去までなんとかしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.