【雑記】引っ越しました

あれから2年も経っていたんですね…。
落ち着かない生活で、振り返ればアッという間です。
このままアッという間に50歳くらいまでいくのだろうか~。

こんにちわ。
アルビノの日本人の31歳の男性、粕谷幸司です。

【知人・友人の皆さんへ】
引っ越したので、郵便などの際は、ご連絡をいただけると幸いです。
一応、転送の手続きはしてありますが、この機会にご連絡を!

ということで、引っ越しは人生で3回目。
ひとり暮らしも3ヶ所目になりました。

1度目の引っ越しは、大学を卒業して会社員になって、自立するために。
初めてのひとり暮らしは、ワクワクが止まらない楽しさでした。
その同時期に、実家が建て直しすることになり、僕の部屋が無くなる見通しだったということもあり。
あらゆる自分の荷物をすべて持って、東京に出たのでした。

強めに表現するなら…「東京で生き抜くぞ」的な意思ですかね。
逃げ帰る場所は無い、と自分に言い聞かせるような。

2度目の引っ越しは、ちょっとした弾みでした。
1ヶ所目には長く住んでいたのですが、勤めていた会社を辞めることになって、収入が確保できなくなった生活をしつつ、NPOに参加しながら支えてもらいながら、なんとかかんとか生きていたのですが。
タイミング悪く、妙なストーカーのような人に憑かれてしまいまして。
それまで平和だったこともあり、また僕も大して有名なわけでも別に無かったので。
知り合いであったり、飲み会や懇親会なんかで話した人には、最寄り駅とかを話していたんですけどね。
そしたら、駅前で待ちぶせされてしまったんです。
僕も男なので、怖さというわけでは無かったのですが、なんというか精神的に病んでいる人だったので、不気味さというか気持ち悪さがベットリとこびりついて。
…そんなタイミングが相まって「もういっそ引っ越そう!気分変えたい!」となったのでした。

そして、今回の引っ越し。

概ね「更新時期になった」というのが発端なのですが(笑)。
こちらは、わりと落ち着いて条件を見て、判断したのでした。

【窓の外】
入居時にも、わかっていたことなんですが。
前に住んでたその建物は、1階が「半地下」のような感じになっていて。
つまり道路を基準とすると、建物の2階は「1.5階」くらいの高さだったんです。
その、高さ自体は問題なかったんですが…。
隣の建物(マンション)は、普通に2階が「2階の高さ」だったんですよ。
そして、隣り合わせ方の問題でもあるのですが…、僕の部屋の窓を開けると、隣の建物の廊下・玄関ドアの膝から下が僕の目線だったんですよね。
これが、思ったよりストレスでした…。
僕はアルビノですし、直射日光や明るい光が苦手なので、部屋でも基本的にはカーテンを閉め切って暮らしていたんです。
だから、窓なんてほとんど開けないし気にならないだろう…と、思っていたのですが。

気になりましたね!思った以上にすっごく!(笑)

【なぜか周りの家々が】
これ、なんでだかわからないし、どうしようもないことでもあるのですが。
今年の春から、その建物の周りで、同時に3軒くらいが大規模工事(建て直し)を一気に始めまして…。
さすがに夜中は無いですが、朝から夕方まで重機や基礎工事の音が響いて響いて…。
特に僕なんて、昼~夕方に家にいることが多かったので、その音に気分が参ってしまいました。
じわじわ、溜まるもんです、気持ちが。

あとは、いま主に働いている会社への交通の利便性とか、普段よく行く現場へのアクセスとかも考えたり。
生活圏を変えて、新しい街で新しい感覚に触れながら、新しい人生に踏み出したいということもあり。
そしてオマケですが「引っ越しって、すんげー面白い遊びになるんじゃね!?」という思い付きもあり。

この春に、引っ越しをしたのでした。

さて、これからどんな生活になっていくかな…。
住み始めてしばらく、住み慣れ始めてきた今ですが。

まだまだ結構、楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.