日本人のアルビノ:粕谷幸司がヒゲをやめるに至った理由

ど~も!

「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」
日本人のアルビノ・エンターテイナー、粕谷幸司(32歳 男性 無職 独身)です。

粕谷幸司 #onesize10th イベント

先日開催しました、Project One-Size 10th eventでも大好評をいただきました僕のヒゲですが。

やめちゃうことにしました!

それは、ひとえに。

【似合いすぎた】

…素直に、似合ってると思いましたよ自分でも!
お客さん・ファンの方からも「かっこいい~」って言ってもらって。
うん、似合ってる、イイ感じだ!とは、思っていたのだけれども。
「似合いすぎてる」というのが、問題だと気付いたんです。

そう、それは…「まるで老紳士みたい」であり、
「まさに外国人みたい」すぎるという事実。

似合いました。
しっくりきました。

だからこそ「アルビノの日本人である個性が死んだ瞬間」でもあった。

アルビノ 日本人 ヒゲ

【目指すべきは「違和感」】

アルビノの日本人エンターテイナーとして表現活動をしている僕が。
「本当に外国人みたい」ではダメじゃん!
完全なる日本人なのに、白い。アルビノ。なのにエンタメだ。
その「違和感」「不思議さ」こそが僕たるものなのですっ!
そう、あまりにも似合いすぎたということが、僕にとって面白くなくなった。
(…結局「(似合ってて)かっこいい~」と言ってくれた女の子たちも、別に「付き合いた~い」と思ったわけじゃないだろうしモテてないし)

似合ってたことは、人として僕個人はとても嬉しかった。
けれども、僕が志しているのは表現者であり、特殊性なんですよね。
普通のようだけど、どこか違う。変。なんか普通じゃない。面白い。
そのゾーンが、ものすごく大切なのでありまする。

半分マン アルビノ ヒゲ

【攻めるイメージはどこにあるのか】

僕が持ちたいものはそんな「違和感」「特殊性」なので。
「~~っぽい」「~~みたい」というのは、わりと楽しいけれど「似合いすぎて‘粕谷じゃない何か”になってしまう」感覚が、惜しい。惜しかった!
出来れば僕が在りたいのは「人間ではないような」雰囲気だったり「宇宙人のような」不思議な存在で、けれども日本人の男、案外そこらへんの街を歩いている普通の人、だけど明らかに違う何か。
そんなファンタジーを実現してみたいと思ったんですよね~。

アルビノの日本人 粕谷幸司

外国人みたいになることができる。
ヒゲを生やしてみたら、そんな結果が見えた、なんとも面白い展開でした。
だから、もしアルビノの日本人の男性で、見た目の「違和感」として、日本人のアルビノであるコンプレックスを持っている人がいたら、毛並みにもよるけれど、ヒゲを生やしてみて、外国人みたいになってみるのも良いかもね!?

【より「年齢不詳」に、違和感を生み出す】

もともと僕は、学生時代からずっと「年齢不詳」と言われ続けてきました。
10代にも見える、30代にも見える。
それがとても面白くて、今でも大好きな話題のひとつです。
けど、もうおわかりのように。
しっかりたっぷりヒゲ生やしたら「絶対30代には見えない」くらいに仕上がっちゃって!(笑)
おじいさん、と言われて違和感ないくらい、年齢不詳が僕の望んでない方向に転がってしまったのですよね。
僕は、もっと、不思議でありたい。不詳でありたい。
そしてモテたい。タレント性が欲しい。弾けたい。

アルビノ 粕谷幸司 画像

そんなこと言ってたら、お気に入りの美容師さんに「難しいですね~(笑)」て言われましたけど。

アルビノ 日本人 粕谷幸司という記事の頃から打ち出してきた、あのビジュアルコンセプトに原点回帰というか。
それにプラスアルファしたこんな形にしてみました。

真っ白。球体アタマ。青い目。口ヒゲ。
まるでワケワカラナイような存在へ…。

 

賛否両論、好き嫌いあるでしょうけれど。
むしろ、タレント性はそれくらい、インパクト無いとねっ!?

これからも、面白いこと考えます。
そして、面白い存在であり続ける。

引き続き、どうぞよろしくお願いしますわん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.