カテゴリー
note 再掲載

アルビノだからセロトニン不足でメンタル滅入りやすい説(2020)

(この記事は、 粕谷幸司|note に投稿した過去の記事を移植・加筆修正したものです。)

セロトニンのためには太陽光

不足すると心身に変調をきたすといわれている、神経伝達物質のひとつ「セロトニン」をご存知ですか。

このセロトニンは、消化管で過剰に分泌されると下痢になり、分泌が少ないと便秘になるそうですが、今回は“脳内セロトニン”のお話なので、腸内でのはたらきについてはひとまず横においておきます。

脳内の神経伝達物質としてのセロトニンは、Wikipediaには下記のように説明されています。

生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などの生理機能と、気分障害・統合失調症・薬物依存などの病態に関与しているほか、ドーパミンやノルアドレナリンなどの感情的な情報をコントロールし、精神を安定させる働きがある。

ホルモンとしても働き、消化器系や気分、睡眠覚醒周期、心血管系、痛みの認知、食欲などを制御している。

セロトニン – Wikipedia

この説明をそのまま解釈すると…、生理機能と精神・感情をコントロールする重要なはたらきをしている、とわかります。

つまり、セロトニンが不足すると、生理機能や精神・感情を安定させるはたらきが悪くなるということです。

そして、セロトニンが不足する原因として有名なのが日照不足です。

「冬場になると気分が落ち込む」「日本海側の人たちは雰囲気が暗い」「梅雨の時期は全部が嫌になる」「昼夜逆転の生活をしているとダメになる」と(※あくまでも一部の俗説ですが)いわれることがあるのは、日照時間の少なさが原因との説があります。

カテゴリー
話題

魅力的な人たちが魅力的なまま自分らしく生きていける社会の実現につながるのかも知れない写真展「無自覚なボクが、いま言いたいこと」プロジェクト

顔や身体に生まれつきアザがあったり、事故や病気によるキズ、ヤケド、脱毛など、先天的や後天的な「見た目(外見)」の症状がある人たちが、その「見た目」ゆえに日々ぶつかりやすく、抱え込みやすい様々な問題を「見た目問題」と名づけ、「見た目問題」解決にむけて活動をしているNPO法人マイフェイス・マイスタイル(MFMS)が2020年1月、面白そうなプロジェクトを展開しています。

写真展「無自覚なボクが、いま言いたいこと。 I know that I know nothing.」 – LE DECO(ルデコ)ギャラリー・ルデコ より

写真展
「無自覚なボクが、いま言いたいこと。
I know that I know nothing.」


スタジオ ・ブルームルーム 冨樫 東正 本田 織恵
NPO法人マイフェイス・マイスタイル

会期:2020年1月14日 (火) ー1月26日 (日) 11:00-19:00
(最終日17:00まで・月曜休廊)
入場無料

「無自覚なボクが、いま言いたいこと。」
というタイトルの「見た目問題」当事者を表現した写真展を開催するそうなのですが。
その写真展を応援するためのクラウドファンディングが展開されています。

「無自覚なボクが、いま言いたいこと」写真展プロジェクト – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

写真展についての詳細や強い思いは、このクラウドファンディングのページ上に綴られているので、ぜひご覧くださればと思います。

今回、この写真展に僕は登場はしないのですが。
NPO法人マイフェイス・マイスタイルの代表:外川浩子さんの実弟で、プロジェクトオーナーの同団体チーフ:外川正行さんの文章が、良い感じだな~と思ったので拙ブログで紹介させていただきます。

カテゴリー
未分類

書き初め!2020年/令和二年 粕谷幸司

明けましておめでとうございます!

アルビノ・エンターテイナーで、煽らない系ユーチューバー、埼玉県所沢市出身の粕谷幸司です。

僕が2006年11月から続けているユニット Project One-Size のPodcastラジオで、やや気まぐれに…ほんのりここ数年、年始の書き初めが恒例になりつつあったんです。

手書きで、抱負を書く!って、なんとも背筋が伸びるというか、気持ちが高まるんですよね~。
なので、画像で残して、時には部屋の壁に貼ったりして、志を掲げて過ごす日々も好きでした。
(過去の書き初めについては記事末尾にて)

けれど今年は、ラジオ内では書き初めをしないことにしたので~。
20200101 今年も僕たちは頑張るキミを応援します! – Podcastラジオ『3色丼』 をお聴きください)

今年は個人のブログにて、抱負を書き初めします!