アルビノの殺害事件について

(この記事は、過去に運営していたブログ『彩り my life』の記事を移植したものです)

いつかやろうと思っていたので、この機会に。

アルビノのみんなをつなぐ | 日本アルビニズムネットワーク – JAN

僕は、日本に生まれて本当に良かった。
アルビノに生まれて、色んなことを考えることができて。
色んなことを感じてこれて、よかったと思っています。

落ち込むこともあったけど、それでも今の僕があるのは、こうして生まれてきて、そうして生きてこられたからなのです。

2009年12月:
「アルビノ殺人」恐れ、1万人のアルビノの人が避難 アルビノの体には特別な力が宿ると信じ、臓器などを売買するアフリカ南東部

アフリカ南東部のタンザニアとブルンジで、生まれつき色素を持たず皮膚の色が白い「アルビノ」の人々約1万人が、殺人被害を恐れて政府が設置した避難所などに逃げ込んでいることが、国際赤十字の報告で明らかになった。

両国では、「アルビノ」の体には特別な力が宿るという伝統的な考えから、臓器や体の一部など売却する目的で、アルビノの人々が殺されるという悲劇が後を絶たない。2007年以来、タンザニアでは少なくとも44人、ブルンジでは14人が殺されている。

2010年8月:
11歳のアルビノ女児が殺害される、目的は「呪術師が薬の材料にするため」

警察は、地元の呪術師・まじない師の間で、アルビノの血液や身体の一部を使った妙薬が飲む人に幸運と富をもたらすと信じられているため、Baneleちゃんのようなアルビノ児がターゲットとされている可能性が高いと考えているとのこと。また、同じ理由でアルビノの人身売買も横行していると見られ、タンザニアでは今週、アルビノの男性を誘拐し生きたまま売ろうとした男が懲役17年の刑に処されたそうです。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100823_albino_murder/

“アルビノの殺害事件について” の続きを読む

アルビノ 夏の海へ行く

(この記事は、過去に運営していたブログ『彩り my life』の記事を移植したものです)

この前の土曜日。
めっちゃくちゃ晴れていた日に、逗子の逗子海岸へ行って来ました。

格好は上から
・ツバの広いキャップ、その上からスポーツタオルをかぶる
・長袖のワイシャツ
・ジーンズ(もちろん長ズボン)
・靴下にスニーカー
という、一応完全防備で。
さらに、アネッサ パーフェクトスムースサンスクリーンDB 25ml 【27231】を購入して、塗りたくっておきました。
(顔・耳・首から胸・首の後ろ・手のひら手の甲…ってね)

この、アネッサ パーフェクトスムースサンスクリーンDB 25ml 【27231】は、使ってみた感じ最高でした。
昔の日焼け止めクリームのイメージは、ベタベタするし臭いし、塗るのが苦痛以外のなにものでもない感じだったのですが。
さすが、時代は進化し続けているのですね。
SPF50+・PA+++という強力な日焼け止めなのにも関わらず、肌につけた時にのびは良いし、思った以上にサラサラしているし、匂いもキツくないので、顔に塗るのも全然抵抗がありませんでした。

アルビノにとっては、日焼けが最も苦しく悲しい結末なので。
ここまで対策してでも、日焼け防止は大事なのです。

結果、このアネッサ パーフェクトスムースサンスクリーンDB 25ml 【27231】はしっかり効いていたみたいで、そして僕の完全防備もあって、日焼けはまったくしませんでした!

海の家でバーベキューをやって。
昼間からビールを飲みながらわいわいはしゃいで。
ビーチに出ても酒を飲んでわいわい喋って。
海に入る人は入って、落ちる人は落ちて、泳ぐ人は泳いで。
僕は30分ごとに休憩を取っては日焼け止めクリームを塗りなおしながらの参加でしたが、やっぱり最高に楽しかったです!

夕日を眺めながら、一緒に居た友達の尊さや今まで出会った人たちの愛おしさ、僕がアルビノとして生きてきて思ったこと、伝えたいこと、そしてこれからの人生のこと。
たくさんのことを、考えていました。

最高の夏、最高の海でした。

アルビノさんがテレビに出た

(この記事は、過去に運営していたブログ『彩り my life』の記事を移植したものです)

日本アルビニズムネットワーク(略称:JAN)”という団体にも、ちょこちょこ出入りしています。
僕自身もアルビニズム、粕谷幸司がお送りします。

その、JAN参加者の1人から、お知らせのメールが来まして。
「アルビノとしてNHKに映ったよ」
とのこと。

今までも、ラジオに出たとかそういう話は聞いていたのですが、なかなか実際“この目で見る”ということは出来なかったのです。
それが今回は…。
「ネットでも見られるみたいだよ」
とのこと。


ほんとだっ、出てるっ!

“この目で”と強調したのも。
こうやってテレビ画面にアルビノの人が出ているってのは、なかなか見たことが無かったもので。
なんだか、とても新鮮な感じになりました。

ただ、残念でもあったのは。
この映像の中では、子供時代の嫌な思い出を話しているシーンが切り出されていたということ。
なんか、違う気がするのです。

“アルビノさんがテレビに出た” の続きを読む