死ぬ気になれば…そこから逃げることもできる

「死ぬ気になれば何でもできる」というフレーズに、いつからか小さな違和感をおぼえてる。

大体このフレーズが使われるのは、しんどくてしんどくて、もう無理だーと思うときに“他者から”じゃない?

死ぬ気になれば何でもできるんだから…どんなにツラくて無理でも頑張れよ、みたいな言われ方をすることが、多い(ような気がする)。

けどねえ〜、死ぬ気になってまでやることなのかな?と、考える余裕が無い状況で「死ぬ気になれば…」とさらに追い込むのってどうなんだろうねえ。

今の時代、体が丈夫でも心が壊れてしまうのは良くないと、ちゃんと浸透してきているし、理解されてきているし、当たり前になるべきだと思うから。

むしろこの言葉は、自分の心身を護るために、大切な人を壊してしまわないために。

「死ぬ気になれば何でもできる。」

学校だって死ぬよりは行かないで良いし、会社だって死ぬよりは休んだって辞めたって良いし、家庭だって死ぬよりは離れてしまって良いし。

死ぬ気になれば、自分の心身を護るために、そこから逃げることもできる。

という意味で、このフレーズを使えるようになれると、良いねえ。