[日記]たわいない

テレビのニュースを見ずに過ごした1日は、少し平和な気がしたけれど、そのぶん退屈で、そして世界からこぼれ落ちたように、寂しかった。

かかってきた電話は1本。話すのはとても久しぶりで、もう元々どう話していたかも憶えていないけれど、だからこそ気兼ねなく、いつだったかもわからないあの頃のように、何気ない言葉を交わした。

人との繋がりを断ち切るようなウイルスに、ため息が漏れる。願うことしか出来ないけれど、早く本当の解決を迎えて、何も気にせず飲み交わし、それまでのこととそれからのことを、笑いながら話したい。

たわいない1日に憧れる現代の僕らは、いつかはわからないけれど必ず明ける日が来ると信じて、いまを生きるしかない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました