熱海五郎一座『落語日本花吹雪~出囃子は殺しのブルース~』 とりあえず笑っておける幸せな作品でした。

母親からデートに誘われたので、池袋のサンシャイン劇場で現在公演中の舞台、
三宅裕司舞台復活記念! 熱海五郎一座『落語日本花吹雪~出囃子は殺しのブルース~』を、観劇してきました。

三宅裕司舞台復活記念!  熱海五郎一座 『落語日本花吹雪 ~出囃子は殺しのブルース~』

感想としては…、いやぁ~ホントに笑った笑った!

新作落語で時代を作ろうとする一門と、古典落語で歴史を守ろうとする一門。
親子と師弟と恋人と事件と。
どんどん破茶目茶になっていく痛快コメディ。

…開演前、パンフレットに目を通してみたら。
三宅裕司さんのご挨拶に釘付けになりました。

去年の夏、ヘルニアの手術後に長い期間、入院しながらリハビリをしていた頃。
病室のテレビから「笑顔で頑張る東北の被災地の方々」を見ていたということ。
「俺はなぜ生かされているんだろう」と、ずっと考えていたこと。

色んな思いを持って、今回の舞台に挑んだのだと思って、開演前からググッと惹き込まれました。
“熱海五郎一座『落語日本花吹雪~出囃子は殺しのブルース~』 とりあえず笑っておける幸せな作品でした。” の続きを読む

実践!「“冷たい”カップヌードルライト」

今日はちょっと暑かった。
これから、夏。もっともっと、本格的に暑くなっていくのでしょうね…。

そんな時に思い出すのが、以前の記事夏の「“冷たい”カップヌードルライト」の食べ方が提案され中の件!

あの提案が発動してから、早ひと月。
僕もついに意を決して、試してみましたっ!
(作り方の動画など詳しくは、上記リンク先の記事をご参照ください)

冷たいカップヌードルを実践

用意するのは、多分スタンダードな「カップヌードルライト」

そして氷。
今回、僕はひとり暮らし満喫中なこともあり、氷を常備していなかったので、コンビニで一緒に買って来ました。
ザ・氷。

ここから、お湯を沸かしつつ、いよいよ実践開始です!
“実践!「“冷たい”カップヌードルライト」” の続きを読む

グリコ『男のプッチンプリン<おつまみ冷奴風>』は、新食感につき…

こいつは…、知らないやつだ
だから、頭ごなしに否定をしないで、受け入れてみよう。

男のプッチンプリン<おつまみ冷奴風>

ネットニュースなどで見る限りでは、まったくどんなものなのかよくわからず。

初の冷や奴風プッチンプリン、ダシと醤油ベースで“男のおつまみ”に。 | Narinari.com

「男のプッチンプリン おつまみ冷奴風」は、1972年の発売以来、40年の歴史を持つ「プッチンプリン」史上初の“甘くない”商品。豆乳プリンをベースに、ダシと醤油、しょうが風味を利かせたソースを合わせ、「ちょっとした小腹満たしやおつまみにぴったりの味わい」(同社より)に仕上げた。

「冷奴?なら豆腐なの?? 何なの!?」
と、かなり気になっていたので。

現在、コンビニなどで販売中の洋生菓子
グリコの男のプッチンプリン<おつまみ冷奴風>を、いただいてみました。

“グリコ『男のプッチンプリン<おつまみ冷奴風>』は、新食感につき…” の続きを読む

[スポンサードリンク]