大人の一輪車についてのネタ

粕谷幸司、28歳と9ヶ月。
一輪車をはじめよう!!

…ということで、現在いろいろ調査中なのですが。

大人の一輪車

ネットで、一輪車について調査している中、いくつか面白いネタが見つかったので、2つご紹介します。


【法律Q&A】いい大人が一輪車なんかに乗りやがって – 引きこもりがちの法学部生のためのブログ

いい大人が一輪車なんかに乗ってんじゃねーよ、とイラッとしました。

また、その女性がすごく楽しそうな表情をしていたので、余計に腹が立ちました。

その人が駐輪場に一輪車を止めて買い物に行っている隙に、僕は嫌がらせのために、一輪車を車のトランクに入れて持ち去り、ゴミ捨て場に捨ててしまいました。

随分と物騒な、というか…幼稚なイタズラをしてしまった質問者が「具体的には、どれくらいの刑になるのでしょうか?」と、質問します。
それに対する返答は…、

あなたは、嫌がらせ目的で一輪車を持ち去っており、物の経済的用法に従って利用・処分する意思があるとは言えないため、不法領得の意思を欠いていると思われます。

よって、窃盗罪は成立しないものと思われます。

あなたの行為は器物損壊に該当するものと思われ…、

…と、真面目に返答した上で、最後に「追伸」が記されています。

“時期・状況から察するに、それはほぼ間違いなく私の一輪車です”

(・o・)!!

ウソのようなネタですけど、本当なのでしょうかね…?

続いて、もういっこ。
これは是非、みなさん直接ご覧ください。


どうして大人は一輪車に乗らないんですか? – Yahoo!知恵袋

 乗りもとのしての有用性が、「面白い」の一点だけだからです。自転車のほうが楽に早く走れますし、自動車を運転できるのならば、自動車のほうがもっと便利でしょう。
 乗る意味がありません。

めいめい、様々な観点から返答しています。
僕の中でのベストアンサーは、上記引用の“乗りものとしての有用性が、「面白い」の一点だけだから”。
…確かに!

「面白い」の一点に限られます!!w

他にも、オモシロ回答連発のスレッドでした。

さぁて……、一輪車を買おう。

twitter風なロゴ作成が出来る無料ツール“Twitlogo”は、まだまだ使えるぅ!

こんばんわ!
アルビノでエンターテイメントする、アルビノなエンターテイナー、粕谷幸司です。

僕は、インターネットが大好きです。
そんな僕なので、基本的に「活動拠点」と言えば、インターネットです。
Project One-Sizeでは、インターネットラジオをやり続けて6年!
これからも頑張って、そして楽しんでいきたいなぁと、思っております。

twitlogo

そんな僕が、Project One-Sizeでもしばらく気に入って使わせてもらってるのが、このTwitlogoというサービスで作ったロゴなんです。

英数字だけの対応なのですが、作成したtwitter風ロゴ画像をpngファイルでダウンロード出来るので、ちょっと可愛く、けっこう気軽に楽しみたい時なんかに便利です。

twitlogo

こんな感じで。
twitter風ロゴにしたい英数字をタタタッと入力して[make]をクリックするだけで、あっという間にロゴが出来上がっちゃいます。

これで作った画像を、パソコンでチョロッとサイズ調整とかして、なんやかんや使ったら、なんだか楽しそうですね!

また、[advance options]というオプションメニューを開けば、
文字の大きさ、文字自体の色、アウトライン(外枠)の色などを設定して、twitter風ロゴを作って遊ぶことが出来ます。

…たったそれだけのサービス。
コピーライト表記が2009年で止まってるあたり、もうなんだか適当さが溢れ出てますが。

ちょっと遊んでみるのは、どうでしょうか~。

(この記事は、かつて書いたシナハン96 by 忍者ブログを元に再作成してみました)

東京スカイツリーに遊びに行くなら、押上駅がオススメの件

2012年5月22日(火)に開業する、東京・日本の新しい観光地「東京スカイツリー」。
天望デッキ(350m)」への入場券は予約が7月までパンパンだとか、高さ450mの「天望回廊」への入場券は“天望デッキ内のチケットカウンターで買える当日券のみ”だとか。
(つまりは7月まで、天望デッキを予約できた人しか天望回廊にも入れない…。)

なんだか七面倒臭いシステムでゴチャゴチャ…。

でもでも!
東京スカイツリーは「天望デッキ」と「天望回廊」だけじゃない!
「東京スカイツリータウン」「東京ソラマチ」があるじゃないかっ!

東京スカイツリー

前置きが長くなりました。

そんなわけで、東京スカイツリーに昇らなくても、東京スカイツリー観光をする人にオススメするのが、
“とうきょうスカイツリー駅”ではなくて“押上(スカイツリー前)駅”を使おうプラン」です。

単純に申し上げますと、とうきょうスカイツリー駅のほうが、東京スカイツリーに近いんです。
だから、東京スカイツリーの天望デッキ・天望回廊に行くことが目的の方々には、そちらの方がよろしいでしょう。

けれども!
東京スカイツリーが、とうきょうスカイツリー駅からは、近すぎるんです。
正直、近すぎて、見上げると首が痛くなりますし、デカすぎてなんだかよくわかりません。

なので、東京スカイツリー本体に昇ることが目的じゃない、僕ら庶民は。

  • 「押上(スカイツリー前)駅」に降り立つ
  • 少し離れた場所から、東京スカイツリーの全体像を見て楽しむ
    (記念撮影も、ちょっと離れたところがオススメ!)
  • 「押上(スカイツリー前)駅からほど近い「東京ソラマチ」やプラネタリウムを存分に遊ぶ!

…と、そんなすごし方が気持良いと思いますよ。

タウンマップ | 東京スカイツリータウン
アクセス|東京ソラマチ

また、時間に余裕があればこのプランは、
「押上駅あたりで記念撮影」→「東京ソラマチをブラリ」→「プラネタリウムを満喫」→「広場で休憩」→「東京ソラマチをまたブラリ」→「ゴールはすみだ水族館」→「最後にLEDライトアップで輝く東京スカイツリーを眺めて、帰る」
…なんていう、パーフェクトプランが可能になるのですっ。

どうでしょう。
東京スカイツリー、東京スカイツリータウン・東京ソラマチ開業、もう間もなく。

たっぷり満喫するなら「押上(スカイツリー前)駅」から、スタートしてみては?

  

[スポンサードリンク]