母の言葉にジンとする

(この記事は、過去に運営していたブログ『彩り my life』の記事を移植したものです)

先日、雪のふる中、実家に帰ったんです。
「家が建ったよ、みんなで一緒にご飯でも食べよう」って。

ちょうど1年前ごろ。
色々な思いを残しつつ、自分の部屋を太処分して。
間もなくして、跡形もなくなった“実家跡”を見に行って。
しばらくは本当に「実家が無い」という寂しさを抱いて暮らしていた気がします。

そして、幾分か小さくなって建った実家に、みんな集まってご飯。
いつもと変わらないような、生まれて初めてのような。
懐かしいような、新しいような顔ぶれが、面白くもあり、物悲しくもあり。
けれど、これから始まる新しい家族は、やっぱり幸せな気がしました。

もっと幸せになっていこう、もっと楽しくなっていこう。
家族の関係だって、今よりもっと良くできる。今よりもっと、最高の家族になっていける。

そんなことを、何気なしに考えていた僕に。
「見た目問題」総合情報誌『マイ・フェイス』最新号(Vol.004)を読んだ母から、僕が生まれたばかりの頃の話を聞いた。

(ちょっと長くなるので、続きは以下から)

“母の言葉にジンとする” の続きを読む

アルビノ:笠本明里さんとお話ししたよー

(この記事は、過去に運営していたブログ『彩り my life』の記事を移植したものです)

僕は以前もうひとつのブログで「本当に、一度直接、お話をしてみたいです。」と公然ナンパのようなことをしていたことがあるのですが。

水泳のパラリンピック選手として、一部では意外と有名人な笠本明里さんと、日本アルビニズムネットワークの新年会で会えました!念願、叶った!やった!

今回会えて、直接話せて、本当に良かった。

勝手ながら、僕は彼女のことをスーパーマン(スーパーウーマン?)かも知れないと思ってて、会うまでドキドキしてたんです。
だってアルビノで、水泳選手で、パラリンピックで世界進出で。
こんなに「スゲェな」と思う人って、なかなか居ないじゃないですか。
だから、もう、キリッとしてて抜群に意思が強くて、とっつきづらいくらいの人だとしても、不思議じゃないじゃないですか。

まぁ、そんなドキドキはとんでもなく不発で。
普通の年頃の女の子で、普通に美味しい物を「美味しい」と食べ、カシスオレンジをたしなむ、良い子でしたけれども。

夢を抱くこと、それに向かって努力すること。
環境や容姿や能力や…、いろんなものが例え人と違っていても。
おかしくない、どんな生き方をしてもおかしくないんだなぁと、改めて思いました。

目の前の、普通の女の子。
アルビノで、水泳選手で、パラリンピックで世界進出でも。
どんな生き方をしてもおかしくない。

そんなことを思った、良い夜だった。

昨日のミニ講演会の動き

(この記事は、過去に運営していたブログ『彩り my life』の記事を移植したものです)

明治大学のヒューマンライブラリー、わいわいと盛況のうちに幕を閉じました。
ご来場の皆さま、特に僕のお話をお聞きいただきました皆さま、ありがとうございましたっ!

僕のミニ講演会には、およそ30人くらいの方々にお越しいただいたようで。
はじめ、会場のやや重めの空気を払拭して和やかな雰囲気に転じるまではドキドキしてしまいましたが、笑い声が部屋を包む頃にはきっと、皆さんと一緒に楽しめる時間をつくり上げられたのではないかと思っています。

…何の講演なのかよくわからない動きもおりまぜつつ。
「モテたい、モテない」なんて話をねじ込みつつ。

あぁ、楽しかった。

お客さんとお話しする機会を作り損ねちゃったことだけが、いま思えば悔やまれます。
講演会のあと、客出しで挨拶くらいしたほうが良いなーなんて、ちょっぴり反省しています。

次回からの課題にしたいと思いますー。

ともあれ、本当にありがとうございましたー。

[スポンサードリンク]