My Face,My Style

(この記事は、過去に運営していたブログ『彩り my life』の記事を移植したものです)

今日は、押上まで行ってきました。
押上駅はハッピーな、半被がいっぱいの駅でした。
(駄洒落)

My Face,My Styleという団体さんが制作を進めているという、冊子に掲載するためのインタビューを受けたのです。

アルビノに関する話を中心に1時間半ほどのインタビュー。
その後、掲載用の写真撮影をして、楽しい時間は終了でした。

完成はもうしばらく先とのことですが、楽しみです。

帰り際。
会社のこととかJANのこととか、自分の未来のこととかを考えていたのですが。

うーん、もっともっと、頑張らなくちゃ!

自己PRについてのメモ

(この記事は、過去に運営していたブログ『彩り my life』の記事を移植したものです)

アルビノはまだまだ、マイノリティです。
僕はそんなアルビノの、パイオニアになりたいのです。

小学生で小説のようなものを書きました。
中学生で演劇のようなものをつくりました。
高校生でラジオ番組やオーディオドラマをつくりました。
大学生で、演劇も映画も、アドリブコントもラジオドラマも書き、演じ、つくりました。

今でもそのすべてが大好きで、表現への活力が漲っています。

僕が生きること、それがアルビノの日本人の記録になって。
そのすべてが僕の表現です。

まだまだ尽きない表現への欲望があります。

その舞台が、ここだと信じています。

形は変わっていても、表現という軸だけは変わらなかった。

その結晶であり原石が、今の僕です。

バッサリ切ったんだよ

(この記事は、過去に運営していたブログ『彩り my life』の記事を移植したものです)

やっと、髪をバッサリ切ったんだよ。


最初はこんな感じになって。


「ハゲたみたいに見える」とか言われ始めて。


「カフェオレみたいで美味しそう」とか言われ始めてなかなか面白かったのですが。


バッサリと切って、こんな感じになりました。

…どの写真もニキビ(吹き出物)が気になるけど、この際そこはスルーしていただいて。

3月からもりもりと、オーディションを受けたりします。
その時、きっと僕はアルビノであるということもアピールに含めていくと思います。
僕の武器のひとつですので。

ということで、このタイミングで真っ白に戻しておきたかったのでした。

真っ白に戻った粕谷幸司を、どうぞよろしくお願いします。

[スポンサードリンク]