カテゴリー
note 再掲載

noteでのつぶやき(2019年8月・上)

(この記事は、 粕谷幸司|note に投稿した過去の記事を移植・加筆修正したものです。)

2019/08/01 16:06

バスが苦手です。

同じ路線?なのに行きと帰りで通る道がちがったりするし。
自分の都合で「降ります!」って意思表示して停めないといけないし。
バス停ってイマイチどこにあるかわかんないし。時間が多少前後するし。

電車の方が、すべて決まり切ってる感じで安心する。

2019/08/02 11:13

心底魅力的に感じる求人も「要普免(AT可)」で落胆する。
アルビノに伴う弱視の僕は、取ろうと思っても取れない運転免許。

けれどこればかりは仕方がない。
「必要とされる能力」が無いのが明白なのだから。
これは多分、差別とかいう問題ではない。

とてもガッカリは、するんだけれど。

2019/08/04 13:02

人は自分の能力不足を別の何かで代替して補う本能があると思ってる。

アルビノに伴う弱視の僕は幼い頃から、視覚能力が弱いから聴覚からの音声情報や嗅覚から得られる情報を、無意識から大事にしている気がしてる。

言葉や声で人を好きになることが多い。
においで人を嫌いになることも…多い。

2019/08/06 20:18

僕たちでさえ「戦争を知らない子供たち」なのだ。
昔たしかにあったこと、けれど、今ではとても信じられないこと。
二度と無いように、忘れないように語り継がれているけれど、このまま知らずに生きられたらいい。

そして僕たちはこれから未来に「差別を知らない子供たち」を育てていけたらいい。

2019/08/07 19:00

僕からしたら信じられないのは「嫁入り(夫の姓に)しないと結婚しない」とかいう人がいること。
絶対に夫婦別姓が良い、と極論になるつもりも無くて、ちゃんと一緒に考えて、一緒に決められる選択肢、が良いと思う。

ところで僕はかねてから、婿入りしてみたいと考えています。いかがでしょうか。

2019/08/08 21:04

Twitterでもブログでも、5年や10年やっていると「前に言ってたことと違う!」って言われることがあります。自分でも思います。
けれどそれこそが、瞬間の積み重ねで、その時にその時の本当を刻み続けた結果で、今に至るまでの成長・変化の軌跡なんです。
いまを大切に、いき続けています。

2019/08/09 17:10

普通だ、と思われたい人もいる。
特別だ、と思われたい人もいる。

健常だ、と言われて安心できる人もいる。
病気だ、と言われて安心できる人もいる。

強いね、と言われて泣ける時もある。
弱いね、と言われて笑える時もある。

どちらもある。
どちらも人間。

選ぶのも求めるのも自由。

2019/08/10 16:20

「ナメられないように」と虚勢を張る姿が、とても悲しく映ることないですか?

自分を実力以上に、ともすれば「昔は悪かった」と恐れる対象のように見せたり。
そんな威嚇しなくても、そもそも敵意なんか無いのに…。

けれど、虚勢を張らないとナメてくる奴が実在する、って事実が本当は悲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA