アルビノの日本人エンターテイナー:粕谷幸司の公式ブログ。アルビノについてやエンターテインメント関連など、好きなこと気になること伝えたいことを大切に、書き留めて発信しているWebサイトです。

タグ: ほしい物リスト

  • [日記]お誕生日ありがとう

    「エンタメ系はどこもブラックでしょ」と、何気なく発した友人の言葉が、ほんのり耳に残っている。確かにそういうところは…多い。けれど、試行錯誤しながら労働環境を改善しようとしている人がいるエンタメ系の会社も、あるんだけどなあ…。まあしかし、そんな風に「好きなんだから劣悪な環境でも」と思えてしまう気持ちはあって、その足元を見て酷使しちゃう人がいるのも、拭えない事実で。

    幸せを確かに感じられている人たちこそが幸せを、楽しさが絶えることなく心に在る人たちこそが楽しさを、多くの人へ届けられる世界が絶対に良いよね。

    生きるのに慣れてきた。そう感じた39歳の誕生日。昔の偉い人は「四十にして惑わず」と言ったらしいけれど、まだまだ惑うこと多き日々だ。しかし慣れてきた、と思うのは、最近、無意識に生きているところがあるな、と意識したから。緊張して、熟考して、意識して不慣れなことをする機会は減り。ある程度のことはこれまでした経験のあることの延長線上にある。それでも、適当に生きられるほど器用ではないのだけれど。

    ところで今年の誕生日も、幸せに迎えることができた。ファンの方からはTwitterやAmazonほしい物リストから、知人友人たちからはLINEやメールで。家族とは別件も交えてだけれど連絡をしたし、6年ほど前から(もう連絡を取ることもないのかな…)と思っていた方からLINEギフトをいただいて驚いたり。本当に生きている意味を感じるから…、また来年の誕生日に向かって、生きていこう。

  • 【Amazonほしい物リスト】心からの感謝を込めて「これまでのあらすじ」

    どうも!
    「僕は、このアルビノを悲劇にしない。」
    アルビノ・エンターテイナー:粕谷幸司です。

    ご存知の方も多いと思いますが、僕はここ数年、お誕生日などに「粕谷幸司にプレゼントを贈って喜ばせてみませんか!?」的な企画として『Amazonほしい物リスト』を利用して、ファンの方、友人知人からプレゼントをいただくことがありました。

    本当にありがとうございます!!

    今年も…8月2日の僕の誕生日に向けて、Amazonほしい物リストを公開させていただこうと思っております!

    そこで改めて、これまでどんなプレゼントをいただいたのかというあらすじを、まとめておきたいと思います。

    そうです、基本的には「これまでたくさん、ありがとう!」という感謝の気持ちを書き綴る記事です。
    (感謝の気持ちって、思った時に言葉にしておかないと…ね!)

    それではまいります。
    粕谷幸司のAmazonほしい物リストからのプレゼント、これまでありがとうシリーズ!

    …の前に。

    Amazonほしい物リストとは…

    念のためご説明ですが『Amazonほしい物リスト』とは、簡単にまとめると
    「Amazonにある気になる商品をリストにまとめておけて、共有(公開)するとそこから“ギフトとして贈ってもらうことができる”システム」です。

    つまり「粕谷幸司が共有しているAmazonほしい物リストから、プレゼントを選んで購入すると粕谷幸司に贈ることができる」システムとなります。

    (多くの人はそうではなく「自分の買いたい物メモ」として使っているかとも思いますが…)

    (さらに…)
    【Amazonほしい物リスト】心からの感謝を込めて「これまでのあらすじ」
  • 【来たれ!8月2日!】そうです…粕谷幸司の誕生日です。

    どうも〜、ご無沙汰しております。
    アルビノ・エンターテイナーの粕谷幸司です。

    思い返せば…制作会社員として今の会社で働き始めたのは1年前の夏でした…。

    色んなことをよく考えて踏み入れた制作会社員としての生活。
    大変なことも多いけれど、大切なことは大切に、変わらずよく考えながら暮らしています。

    そんな僕の誕生日は…、8月2日ですっ。

    今年もお誕生日お祝い🎁Amazonほしい物リストつくりました

    ここ何年か、皆さんの遊び心と繋がれたら…くらいの気持ちでやらせていただいています。
    「粕谷幸司にお誕生日プレゼントを贈って喜ばせてみよう!」企画です!

    お誕生日🎁お祝いされたい粕谷幸司のリスト


    このAmazonほしい物リストからポチッとすると、僕の元へプレゼントが届きます!

    …とはいえ。
    ほしい物リストをつくりながら思いました…。

    いま僕は、制作会社員として暮らしている普通の38歳(になる人)…。
    必要なものはお給料から自分で購入していて、なんというか、このリスト自体の遊び心が足りなくない!?

    ええ…、1度ご覧いただければわかるかと思うのですが…。
    いまひとつ、面白みに欠けるAmazonほしい物リストになっております。

    そりゃあもちろん!
    本当にほしい物をリストに入れているので、この中からどれをお贈りいただいても、そりゃあ嬉しいわけですけれども。

    ネタ感が足りないのが、エンターテイナーを自称している僕としては忍びないわけです…。

    (さらに…)