アルビノの日本人エンターテイナー:粕谷幸司の公式ブログ。アルビノについてやエンターテインメント関連など、好きなこと気になること伝えたいことを大切に、書き留めて発信しているWebサイトです。

タグ: アフリカ

  • アフリカで“今でもまだ”呪術師に差し出すためにアルビノに手をかける事件が。

    今って何世紀!?
    魔女とかの話かよ…ってさ。

    僕は前にも、[アルビノ]恐ろしい事件が、まだ世界には実在するって。というブログを書きました。(2013年2月)
    その段階でも、この、いわゆる「アルビノ狩り」事件は有名(?)で。
    日本に届いてくる“お話”としては、10年以上前から状況が変わっていないようです。
    (ということは太古からそうだったということでしょう)

    アルビノの6歳少年、右手を切り落とされる タンザニア 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

     アルビノ(先天性色素欠乏症)の人たちへの襲撃が多発しているタンザニアで7日、アルビノの6歳の少年が襲われ右手を切断された。警察が8日、明らかにした。
     (中略)
     タンザニアでは、体の一部を呪術などに使用する目的でアルビノの人たちに対する襲撃や殺害が横行しており、数日前にジャカヤ・ムリショ・キクウェテ大統領がこうした事態を「非常に不快であり、国の大恥だ」と厳しく批判したばかりだ。

    2015年の話ですよ?
    はなはだ信じがたい。

    国として、大統領が非難・批判を表明しているにも関わらず、人は変われないものなんですか。

    そして、もうひとつ。

    アルビノ女性殺害、夫ら4被告に死刑判決 タンザニア

     東アフリカのタンザニアの裁判所は5日、呪術に用いるためアルビノ(先天性色素欠乏症)の女性を殺害し手足を切断した4被告に対し、死刑判決を言い渡した。有罪判決を受けた被告には殺害された女性の夫も含まれている。

    殺人を犯した人間に、死刑判決が出ましたよ、という件。
    司法のもとに裁かれた事実が、かの国内に響き渡ればまた、現実は変わっていくのだろうか…。

    (さらに…)

  • [アルビノ]恐ろしい事件が、まだ世界には実在するって。

    日本は、インターネットもあって、文化もしっかり成長していて。
    教育制度だって立派なもので、法治国家としてもまぁまぁ良くできていて。
    医療もけっこう進んでいるって言うし、食べるものだって経済だって、案外いいとこいってるんでしょ。

    …世界で、この現代で、まだこんなことが実際に起こっているなんて、甚だ信じられないんだけれど。

    事実、アルビノだというだけで、命の危険に晒される国が、あるんだって。

    朝日新聞のアルビノの記事

    2012年12月18日火曜日の朝日新聞。
    アフリカにおけるアルビノの人についての記事が出ていたんですって。

    朝日新聞デジタル:白い肌、偏見と闘う 先天性アルビノ、アフリカで虐殺も – 国際

    記事の内容としては…、ニューヨークのブロンクス地区で生まれ育ったアルビノの女性が、黒人のコミュニティでからかわれつつも、スカウトがきっかけでトップモデルになり、アフリカでファッションショーに立ったという話。
    そして、アフリカ(特に東部のタンザニア)に今でも実在する「呪いだ」という迷信や「アルビノ狩り」の事件。
    アルビノの人体の一部を呪術師に売ればカネになる、という嘘みたいに馬鹿げてる、けれど本当にある話。
    恐ろしい思いをしながらも生きるアフリカのアルビノの人々のエピソードなどを紹介していまして。

    さらには、日本ではもはや当たり前すぎる「日焼けをしないよう注意しなければならない」という、アルビノについての基礎知識すら伝わっておらず、皮膚がんで死んでしまう子供が多いのだとか。

    …読めば読むほど、日本では本当に信じられない。
    アルビノについての、悲惨な事実ばかりが文字となって記されている。

    さらに先日。
    ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)が発表し、他のニュースサイトなどでも次々と「タンザニアでのアルビノに関するニュース記事」が掲載されました。

    (さらに…)

  • アフリカ人のアルビノ:アレックスさんと会食

    (この記事は、過去に運営していたブログ『彩り my life』の記事を移植したものです)

    アフリカ・ケニアのアルビノな男性、アレックスさん(写真中央)とお会いする機会がありました。


    NPO法人マイフェイス・マイスタイルがらみで。
    日本アルビニズムネットワークでお馴染みの、武器屋こと矢吹さん(写真左)も一緒に。

    食事をしながら交わす会話ではないと思いながらも。
    中華料理屋でランチを食べながら、ほとんどわからない英語での会話を、僕は必死で解釈していました。

    その中で、何度も何度も、アレックスが繰り返し言っていたのは…。

    「アフリカのアルビノの人は、常に2つの問題を抱えている。
     ひとつは、皮膚がん。もうひとつは、殺人。」

    「Witch Doctor(呪術医)に、Albinoを…」

    このブログでも、過去に1回まとめたことがありますが。
    アフリカでは、アルビノを対象とする理不尽な殺人事件が、いまだに起こり続けているのだそうです。
    >> アルビノの殺害事件について

    「super natural power」のようなモノがあるとされ、肉体の一部または全部を、呪術の薬などとして用いるために、アルビノの人(特に子供など)が、殺される。
    そんなことが、今もアフリカでは現実に起こり続けている。
    ニュースで知っている事実を、しかしどこかで否定したい気持ちが、生の言葉で語られると、やはり受け止めるしか無くて、苦しかった。

    (以下にもう少し続きます)

    (さらに…)