アルビノの日本人エンターテイナー:粕谷幸司の公式ブログ。アルビノについてやエンターテインメント関連など、好きなこと気になること伝えたいことを大切に、書き留めて発信しているWebサイトです。

タグ: ブログ

  • [日記]やめよう

    やってみてやめるのも悪くない。
    やってみてやめようと思うだけの意味を得られたから。


    ある時「このまま突然、死んでしまったら、僕は何も無かったことになるのかな」と、ふと切なくなった。
    生きる意味のようなことをいつも考えている僕だから、さほど不自然なことでもない。

    それと最近、本当に記憶がどんどん失われていくことにも寂しさを感じていた。
    まずい病気かも…と不安になったりもしたけれど(そしてその不安は拭い去れはしないけれど)、まあ年齢によるものかなと思うことにして。
    そりゃあ、何十年も生きてくれば、全部を憶えていることなんて無理だろうし。忘れる程度のことなんだからいいだろう、そういうものだろうと考えるようにはしたのだけれど。

    日々、何かしらを考えているのに、それが「何もなく消えていく」ことに、切なさと、虚しさと。
    だからまずは毎日日記を書いてみて、消え続けていくものを残してみたいと思ったんだ。

    それが、2022年8月の毎日ブログ日記更新だった。


    ところで僕は、整理整頓好きとしても表現者としても、“何にもならない”ような物事がわりと嫌いで。
    たとえば何年も使っていない物は、それが多少の思い入れがある物でも「捨てようかな」と思う。
    たとえば表現活動ひとつにしても、誰も求めていない見も聞きもしないなら「やめよう」と思う。
    …それでもどうしても捨てたくない、やめたくない大切な物事は勿論あるのだけれど。

    少し拗れているところで、今回の毎日日記についても、積極的に「見てください!」というものでも無かったけれど、絶対的に「誰かに読んで欲しい」とは思っていた。
    けれど結果、多分、誰も読んでいないので。

    毎日日記は、丁度1ヶ月やってみて、やめることにした。

    (さらに…)
  • noteでのつぶやき(2019年8月・上)

    (この記事は、 粕谷幸司|note に投稿した過去の記事を移植・加筆修正したものです。)

    2019/08/01 16:06

    バスが苦手です。

    同じ路線?なのに行きと帰りで通る道がちがったりするし。
    自分の都合で「降ります!」って意思表示して停めないといけないし。
    バス停ってイマイチどこにあるかわかんないし。時間が多少前後するし。

    電車の方が、すべて決まり切ってる感じで安心する。

    2019/08/02 11:13

    心底魅力的に感じる求人も「要普免(AT可)」で落胆する。
    アルビノに伴う弱視の僕は、取ろうと思っても取れない運転免許。

    けれどこればかりは仕方がない。
    「必要とされる能力」が無いのが明白なのだから。
    これは多分、差別とかいう問題ではない。

    とてもガッカリは、するんだけれど。

    2019/08/04 13:02

    人は自分の能力不足を別の何かで代替して補う本能があると思ってる。

    アルビノに伴う弱視の僕は幼い頃から、視覚能力が弱いから聴覚からの音声情報や嗅覚から得られる情報を、無意識から大事にしている気がしてる。

    言葉や声で人を好きになることが多い。
    においで人を嫌いになることも…多い。

    (さらに…)
  • リベラル系インターネット新聞『ハフィントンポスト日本版』へ

    はろー世界!
    アルビノ・エンターテイナー:粕谷幸司です。

    公開時からtwitter上ではどどーん!と弾けてましたが、日をおいて改めまして。

    ハフィントンポスト日本版に登場しました。


    「目指すのはマツコ」アルビノ・エンターテイナー粕谷幸司が目指すのは、一体どんな世界?【動画】

    最初に「アルビノ・エンターテイナーとして粕谷さんの動画を作りたいんです」とご連絡をいただいた時、まさか!と思ったけど(笑)。
    担当の長澤さんと会って話してみたら、ちゃんと僕を面白がってくれるナイスな感性がバチッ!となったので。
    インタビュー形式というか独白状態でしゃべり倒した撮影日を経て、このようなコミカル・ポップな動画に仕上がりました。

    わーい!ありがとうございました!

    はじめて僕を知る人へ、僕の名刺代わりのご挨拶動画な感じです!
    どうぞよろしくお願いします~。

    と。

    ■ハフィントンポスト日本版に粕谷幸司のブログを書いていきます。

    (さらに…)