アルビノの日本人エンターテイナー:粕谷幸司の公式ブログ。アルビノについてやエンターテインメント関連など、好きなこと気になること伝えたいことを大切に、書き留めて発信しているWebサイトです。

タグ: 人生

  • [日記]出逢いを求め

    「パートナーと組んだ方が良い」と言われることがよくあるし、僕も正直そう思い続けている。

    一緒に苦労も喜びも分かち合いたいから、働くのもパートナーと思える人がいてくれるのが良い。

    一緒に面白がり楽しみたいから、表現活動ももちろんパートナー的な人がいてくれたらより良い。

    一緒に人生を支え合い歩んでいきたいと思うから、恋人というパートナーも本当にいて欲しい。

    けれど…出無精と人見知りがヤバい。本気でヤバいと感じてはいるけれど、なかなかどうしたものか。

    出無精な僕を外へ連れ出し、人見知りの僕を人と引き合わせてくれるパートナーと、何とかして出逢いたいと、思い続けている。

  • [日記]おいハンサム!!の

    迷わないと、見つからない。
    迷ったからこそたどり着ける。
    そういうめぐり逢い、そういう見つけ方があるんだ。

    「でも…そうやって店選んだら、当たり外れありますよね」

    だから面白いんじゃないか。
    間違いのない選択なんてないんだよ。
    だから、ちゃんと迷う!
    迷って選ぶ、迷って選ぶ。
    人生、その連続だ。

    大好きな作品『おいハンサム!!』の最高な台詞。

    人生は迷いと選択の連続だ。と、今のように自分が何も出来ていない進めていないと悩んでしまう時には、思い出すようにしている。

    そして…“当たり外れ”あるのも人生。そんな風に思えたなら、もう少し楽しみを見つけていけるかな。

    町の定食屋に、少しドキドキしながら入るみたいに。

  • [日記]無駄

    無駄なことはなるべくしたくない。それはみんな同じだろうけれど。時には意識して“何もしない”ことも選択していきたい。限られた時間で限られた人生を、無駄にしないように動き続けたい気持ちはあるけれど…、自分と向き合うとか、いまからみらいに想いを馳せるとか、ゆっくりと、あえて動かない過ごし方も大切だ。まあそれにしたって“考えごとをしてしまう”のだけれど。

    「もったいない」とは少しちがう感覚の言葉を昔から探していたのだけれど、テレビでとある書籍を紹介しているコーナーで「サンクコスト」というワードに出会ってしっくり来た。よくある『ここまでやったんだから』となかなか引くに引けない感覚。たとえば「せっかく買ったんだから」と使いもしないモノをいつまでも捨てられないとか。自分がかけた投資の方に思い切ることができず、損が出ていても止められない。たとえばギャンブルで…もうずいぶん負けているのに『取り戻すまで…』とさらに負けを重ねてしまうとか。

    本当の無駄に気付けるだけの冷静さは、常に持ち続けていたい。