カテゴリー
interview アルビノ(アルビニズム)

【アルビノな僕へ】令和の時代を生きるJKからの柔らかなご質問にお答えします

お元気ですか~?
どうも!僕はアルビノ・エンターテイナー、粕谷幸司です。

今回はTwitterのDMで、アルビノの日本人で36歳・独身男性の僕に、JKからご質問をいただきました。

良かった~。JKから興味を持ってもらえる存在でいられて、良かった~!

課題研究で、人の見た目についての論文を書くことに決め、調べていたところ、粕谷さんのインタビュー記事を見つけ大変感銘を受けましたので、ご連絡させていただきました!
いくつか質問があるので、お答え頂ければ幸いです…。
①粕谷さんはご自分がアルビノであることに対してプラスに受け止めていますが、悩んだことはありませんでしたか?
②アルビノの方に問わず、自分の見た目にコンプレックスを感じている人達に伝えたいことはありますか?
③粕谷さんの様に自分のアイデンティティを生かすために必要なものは何ですか?

これまで十数年くらい、Webメディアなどに積極的に表現・発信をしてきた僕ですので。
インターネット検索が情報収集の初手として当たり前になった現代では、アルビノについて「少し調べてみよう」と思ったら直ぐに僕に辿り着いてもらえるのは、本当に嬉しいことです。

2009年5月 マイフェイス・マイスタイル情報誌 取材時 粕谷幸司
【写真】2009年5月 マイフェイス・マイスタイル インタビュー取材にて

そんな僕ですから…、色んな所で色んな質問に答えていたり、当ブログをはじめ自己表現として色んな所に色んな言葉を残していますけれど。

結果として全部を拾い集めるのは不可能なくらいの量になっていると思いますし(良い意味で!)、年月が経てば思うところや伝えたい言葉や角度が変化していたりもするなあ、と今回ふと思いました。

それに加えて今はStayHomeで時間も有り余っているので!
のんびりたっぷり、ご質問にお答えしてみます~。

カテゴリー
アルビノ(アルビニズム) 小ネタ 生活

アルビノな彼氏と付き合う女子高生からのメール(後編)

※メールの部分的な引用・掲載については、本人たちの許可をいただいておこなっています。

先の記事、アルビノな彼氏と付き合う女子高生からのメール(前編)は、たくさんの方にお読みいただけたようで、とても嬉しく思います。
ありがとうございます。

今回はその後編。
前回とは、かなり雰囲気を変えてお送りすることになるかも知れません。
どうぞ、ごゆっくりお時間のあるときにご覧ください。

たぶん高校2年生(17歳)の頃の僕
たぶん高校2年生(17歳)の頃の僕

はじまりは、とにかく「どうしたら良いでしょうか?」と、たくさんの気持ちが溢れていたメール。
しかし…、ひと安心してくれたのか、そこから先のメールのやりとりは、純粋な恋愛相談へと…。

カテゴリー
アルビノ(アルビニズム) インターネット 小ネタ

アルビノな彼氏と付き合う女子高生からのメール(前編)

※メールの部分的な引用・掲載については、本人たちの許可をいただいておこなっています。

ある日、僕のもとにメールフォームから一通のお便りが届いた。

件名:はじめまして

高校生になり、今年、生まれて初めて彼氏を持ちました。
ネットで知り合った方で、白皮症の方でした。

唐突にはじまったそのメールに、僕はふしだらな…違った、胸をキュッと締め付けられるような、切なさのようなものを感じたんだ。

大学1年生(19歳)の頃の僕

…こんな感じの青春時代を過ごしてきた僕のところに、えらく真剣な内容の相談メールだなあって。
いや、こんな感じで、普通に楽しく過ごしてきた僕だからこそ、こういう相談が来たのかも知れない。

高校生で初カレが、ネットを介して知り合ったアルビノの人。
そのリアルな心配というか戸惑いのような感情が、メールには綴られていた。