アルビノの日本人エンターテイナー:粕谷幸司の公式ブログ。アルビノについてやエンターテインメント関連など、好きなこと気になること伝えたいことを大切に、書き留めて発信しているWebサイトです。

タグ: 日記

  • [日記]やめよう

    やってみてやめるのも悪くない。
    やってみてやめようと思うだけの意味を得られたから。


    ある時「このまま突然、死んでしまったら、僕は何も無かったことになるのかな」と、ふと切なくなった。
    生きる意味のようなことをいつも考えている僕だから、さほど不自然なことでもない。

    それと最近、本当に記憶がどんどん失われていくことにも寂しさを感じていた。
    まずい病気かも…と不安になったりもしたけれど(そしてその不安は拭い去れはしないけれど)、まあ年齢によるものかなと思うことにして。
    そりゃあ、何十年も生きてくれば、全部を憶えていることなんて無理だろうし。忘れる程度のことなんだからいいだろう、そういうものだろうと考えるようにはしたのだけれど。

    日々、何かしらを考えているのに、それが「何もなく消えていく」ことに、切なさと、虚しさと。
    だからまずは毎日日記を書いてみて、消え続けていくものを残してみたいと思ったんだ。

    それが、2022年8月の毎日ブログ日記更新だった。


    ところで僕は、整理整頓好きとしても表現者としても、“何にもならない”ような物事がわりと嫌いで。
    たとえば何年も使っていない物は、それが多少の思い入れがある物でも「捨てようかな」と思う。
    たとえば表現活動ひとつにしても、誰も求めていない見も聞きもしないなら「やめよう」と思う。
    …それでもどうしても捨てたくない、やめたくない大切な物事は勿論あるのだけれど。

    少し拗れているところで、今回の毎日日記についても、積極的に「見てください!」というものでも無かったけれど、絶対的に「誰かに読んで欲しい」とは思っていた。
    けれど結果、多分、誰も読んでいないので。

    毎日日記は、丁度1ヶ月やってみて、やめることにした。

    (さらに…)
  • 実は…はじめ(てい)た毎日[日記]

    僕らのPodcastラジオをいつも聴いてくれているヘビーリスナーさんは、実はご存知だったかと思うのだけれど。
    今年8月から、このブログ KASUYA.net毎日[日記]を書くことにした

    明確な何か目標があるというわけではなく、ただ1つ、毎日頭を通り過ぎ続けていく思考を留めておきたい気持ちが強くなったから。
    自分のTwitterではいつも何かしらを呟いている僕だから、それでも悪くないとも思ったのだけれど。140文字には収まらない、というかそんなに整えてツイートして、流れ去っていってしまうだけなのが少し惜しい気がしたというのもある。

    それと僕は元々、自分の記憶力の無さには自信があった
    いつもいつも何かしら考えているのに、目覚めたら「何か大切なことを考えている途中だったはずだけどもう何も憶えていない」という日常。
    そんな日常を繰り返して…何も残らずに死んでいくのか、と想像したら少し、切なかったから。

    とにかく考えたことはここに日記として残しておこう。
    ただそれだけを思ってはじめたのが、この毎日[日記]。


    前職の最終出社から半年が経ち。今ふと思うのは…「毎週1日でも行くのが楽しみな日があれば」ということ。学校でも会社でも、週1以上で「行きたい日」さえあれば…。(アニメ『月曜日のたわわ』シリーズを見終えて)


    そんな簡単な思考を、書き続けていく。

    [日記]だけをまとめて読むには
    日記 | KASUYA.net から

  • 【雑記】2016年上半期近況

    お久しぶりです、粕谷幸司です。
    そうです、僕です。梅雨は苦手。

    さて、気付けば、そろそろ夏。
    いろんなことがあった半年だったけれど、日記を書いてる余裕もなく、またはその時には書かないほうがよさそうな感じだったりして、なんだかんだこのブログから遠ざかっていた感じだったので、気分転換!前に進むためのひと区切りのような気持ちで、近況をつらつらと書いておきます。

    ○アイドルマネージャーの仕事を辞めました3月
    https://twitter.com/96mouse/status/709784245980364800
    (気持ちを)病んだり病み上がったり、年末年始からいろんなことがドタバタありまして。
    本当にいろんなことを考えながら、激しくも面白い日々を過ごしていたのですが…、方向性など話し合いをして、僕は仕事を辞めました。

    そのころ(春)には、夢幻レジーナに新メンバーが入ったり、HALOPERI Dollからは1人メンバーが卒業したり、そのあと夢幻レジーナから1人卒業したり、最近はHALOPERI Dollが第二期活動終了することになったりしたとか。

    常に変わり動き続けている流れから、ぴょこんと僕だけ抜けだしてしまったような感じで、心の寄せどころが無いような感じでもあったけれど。
    そこからしばらく僕は穏やかというか、落ち着いて、これからのことを考える時間にしたりしました。

    (さらに…)