カテゴリー
アルビノ(アルビニズム)

アフリカで“今でもまだ”呪術師に差し出すためにアルビノに手をかける事件が。

今って何世紀!?
魔女とかの話かよ…ってさ。

僕は前にも、[アルビノ]恐ろしい事件が、まだ世界には実在するって。というブログを書きました。(2013年2月)
その段階でも、この、いわゆる「アルビノ狩り」事件は有名(?)で。
日本に届いてくる“お話”としては、10年以上前から状況が変わっていないようです。
(ということは太古からそうだったということでしょう)

アルビノの6歳少年、右手を切り落とされる タンザニア 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 アルビノ(先天性色素欠乏症)の人たちへの襲撃が多発しているタンザニアで7日、アルビノの6歳の少年が襲われ右手を切断された。警察が8日、明らかにした。
 (中略)
 タンザニアでは、体の一部を呪術などに使用する目的でアルビノの人たちに対する襲撃や殺害が横行しており、数日前にジャカヤ・ムリショ・キクウェテ大統領がこうした事態を「非常に不快であり、国の大恥だ」と厳しく批判したばかりだ。

2015年の話ですよ?
はなはだ信じがたい。

国として、大統領が非難・批判を表明しているにも関わらず、人は変われないものなんですか。

そして、もうひとつ。

アルビノ女性殺害、夫ら4被告に死刑判決 タンザニア

 東アフリカのタンザニアの裁判所は5日、呪術に用いるためアルビノ(先天性色素欠乏症)の女性を殺害し手足を切断した4被告に対し、死刑判決を言い渡した。有罪判決を受けた被告には殺害された女性の夫も含まれている。

殺人を犯した人間に、死刑判決が出ましたよ、という件。
司法のもとに裁かれた事実が、かの国内に響き渡ればまた、現実は変わっていくのだろうか…。

カテゴリー
アルビノ(アルビニズム) 話題

[アルビノ]恐ろしい事件が、まだ世界には実在するって。

日本は、インターネットもあって、文化もしっかり成長していて。
教育制度だって立派なもので、法治国家としてもまぁまぁ良くできていて。
医療もけっこう進んでいるって言うし、食べるものだって経済だって、案外いいとこいってるんでしょ。

…世界で、この現代で、まだこんなことが実際に起こっているなんて、甚だ信じられないんだけれど。

事実、アルビノだというだけで、命の危険に晒される国が、あるんだって。

朝日新聞のアルビノの記事

2012年12月18日火曜日の朝日新聞。
アフリカにおけるアルビノの人についての記事が出ていたんですって。

朝日新聞デジタル:白い肌、偏見と闘う 先天性アルビノ、アフリカで虐殺も – 国際

記事の内容としては…、ニューヨークのブロンクス地区で生まれ育ったアルビノの女性が、黒人のコミュニティでからかわれつつも、スカウトがきっかけでトップモデルになり、アフリカでファッションショーに立ったという話。
そして、アフリカ(特に東部のタンザニア)に今でも実在する「呪いだ」という迷信や「アルビノ狩り」の事件。
アルビノの人体の一部を呪術師に売ればカネになる、という嘘みたいに馬鹿げてる、けれど本当にある話。
恐ろしい思いをしながらも生きるアフリカのアルビノの人々のエピソードなどを紹介していまして。

さらには、日本ではもはや当たり前すぎる「日焼けをしないよう注意しなければならない」という、アルビノについての基礎知識すら伝わっておらず、皮膚がんで死んでしまう子供が多いのだとか。

…読めば読むほど、日本では本当に信じられない。
アルビノについての、悲惨な事実ばかりが文字となって記されている。

さらに先日。
ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)が発表し、他のニュースサイトなどでも次々と「タンザニアでのアルビノに関するニュース記事」が掲載されました。

カテゴリー
【移植】彩り my life アルビノ(アルビニズム) 再掲載

アルビノの殺害事件について

(この記事は、過去に運営していたブログ『彩り my life』の記事を移植したものです)

いつかやろうと思っていたので、この機会に。

アルビノのみんなをつなぐ | 日本アルビニズムネットワーク – JAN

僕は、日本に生まれて本当に良かった。
アルビノに生まれて、色んなことを考えることができて。
色んなことを感じてこれて、よかったと思っています。

落ち込むこともあったけど、それでも今の僕があるのは、こうして生まれてきて、そうして生きてこられたからなのです。

2009年12月:
「アルビノ殺人」恐れ、1万人のアルビノの人が避難 アルビノの体には特別な力が宿ると信じ、臓器などを売買するアフリカ南東部

アフリカ南東部のタンザニアとブルンジで、生まれつき色素を持たず皮膚の色が白い「アルビノ」の人々約1万人が、殺人被害を恐れて政府が設置した避難所などに逃げ込んでいることが、国際赤十字の報告で明らかになった。

両国では、「アルビノ」の体には特別な力が宿るという伝統的な考えから、臓器や体の一部など売却する目的で、アルビノの人々が殺されるという悲劇が後を絶たない。2007年以来、タンザニアでは少なくとも44人、ブルンジでは14人が殺されている。

2010年8月:
11歳のアルビノ女児が殺害される、目的は「呪術師が薬の材料にするため」

警察は、地元の呪術師・まじない師の間で、アルビノの血液や身体の一部を使った妙薬が飲む人に幸運と富をもたらすと信じられているため、Baneleちゃんのようなアルビノ児がターゲットとされている可能性が高いと考えているとのこと。また、同じ理由でアルビノの人身売買も横行していると見られ、タンザニアでは今週、アルビノの男性を誘拐し生きたまま売ろうとした男が懲役17年の刑に処されたそうです。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100823_albino_murder/