カテゴリー
アルビノ(アルビニズム)

【僕はアルビノの日本人】「20,000人に1人」という数字はどれくらいなの?

どーも!こんちわ!
日本人アルビノエンターテイナー粕谷幸司です。

僕は、生まれつき体内のメラニン色素を生成する能力が無い(または極端に少ない)遺伝子疾患:アルビノの日本人です。
日本では、10,000人~20,000人に1人とか30,000人に1人くらいじゃないかとか言われていますが、色の濃さ(メラニンの少なさ?)には程度があるみたいで、僕くらい真っ白!な人は、アルビノ全体の数よりもっと少ないです。

…なんて話をよくするのですが、例えば20,000人に1人だとすると「え、日本には6,000人もいるの?そんなにいるんだ」なんてリアクションをされることもあります。

珍しさ、というのは僕の、アルビノの武器でもあるので…「なあんだ粕谷は珍しくないのか」と思われると悔しいのです。

そんなわけで今回は「20,000人に1人」ってどれくらいなの?について、調べながらまとめてみます。

ちなみに、今年の「全日本国民的美少女コンテスト」は応募総数80,000通超らしいです。
その中から1人のグランプリに輝いた井本彩花さんはスゴいですね!
審査員特別賞なども含めた“受賞者”は、今回は8人

つまり、全日本国民的美少女コンテストの“受賞者”は、80,000人に8人=10,000人に1人

…とまあ、こんな感じで続けます。
ざっくりと、数字あそびのようなものです!
大体、の感覚で読み進めてみてくださいね。