【過去より未来のために】古いケータイ・スマホを「みんなのメダルプロジェクト」に渡してきた

趣味は整理整頓です!
粕谷幸司プロフィール より)

どうも!アルビニズムの日本男児、僕です。

さて。少し前のことになるのですが。
大学時代から苦楽を共にしてきた盟友とも相棒とも言える存在たちに、別れを告げてきました。

ケータイ

’90年代、高校生だった僕は初めての携帯電話を手にしました。
当時はツーカー(Tu-Ka)でした!

それから大学生になって、時代はNTTドコモだ!ということで、上記画像の左、赤いやつを手にしたのでした。

“【過去より未来のために】古いケータイ・スマホを「みんなのメダルプロジェクト」に渡してきた” の続きを読む

僕が『LINEモバイル』を友だちに薦めた たったひとつの理由

そう、安いから!

2017年7月のLINEモバイル請求額

LINEモバイルは月初に「今月の請求金額」が確定して通知が届き、マイページに反映されるのですが。
僕がLINEモバイルをプッシュした友だちから「わろた」「やっす!」って感動のLINEが届いたので、今こそまとめておきます!

以下、僕が考えたこと・感じたことを書き綴る流れ。

1)「格安SIMはナゼ安いの?」から始めた
僕が得た結論:いろんなオプションサービスと実店舗が無い

冷静に考えれば、そらそうですね。
大手キャリアのように、駅前や商店街にいっぱい店舗を構えていたら、人件費と場所代諸々、めっちゃかかりますよね。
あと、オプションがほとんど無ければ、シンプルな料金プランになるし、プリインストールの専用アプリとかも開発・運営しなくても良いってことですよねっ。

ちなみにLINEモバイルは、コミュニケーションアプリのLINEによるサービスなので、そのLINEからデータ残量の確認ができたり、マイページにログインすれば料金明細が見られます。

2)解約金で損するのかな?しないのかな?
結論:僕はしなかった。

大手キャリアの「2年縛り」とかだと、更新月じゃないタイミングでの解約には解約金が発生しちゃって、例えばそれが10,000円とかだと「…じゃあ更新月まで耐えようかな」と思う気持ちが、僕にもありました。
ただ、これも、冷静に考えまして。

僕の場合は、10月が更新月だったのですが、思い立ったのは1月でした。
わかりやすく「更新月まであと10ヶ月」あるとして。
またわかりやすく、端末の分割払いは考えないことにして。

4,000円くらいだった全体料金(端末の分割払いを除く)が、LINEモバイル(コミュニケーションフリープラン・音声通話SIM・3GB)にすると、たまにチョロッと電話したとしても大体2,000円くらいになりまして。(※僕の場合)
つまりは2,000円/月、お安くなるので、10ヶ月で20,000円お安くなりまして、解約金の10,000円を支払っても、結果10月時点で10,000円お安くなることに。

更新月まであと何ヶ月か、で解約金が大損になってしまうかも知れませんが、上の感じで言うと大体「更新月まで5ヶ月以上ある」なら、いま乗り換えちゃっても全然お得になる、ですね。

“僕が『LINEモバイル』を友だちに薦めた たったひとつの理由” の続きを読む