魅力的な人たちが魅力的なまま自分らしく生きていける社会の実現につながるのかも知れない写真展「無自覚なボクが、いま言いたいこと」プロジェクト

「無自覚なボクが、いま言いたいこと」写真展プロジェクト

顔や身体に生まれつきアザがあったり、事故や病気によるキズ、ヤケド、脱毛など、先天的や後天的な「見た目(外見)」の症状がある人たちが、その「見た目」ゆえに日々ぶつかりやすく、抱え込みやすい様々な問題を「見た目問題」と名づけ、「見た目問題」解決にむけて活動をしているNPO法人マイフェイス・マイスタイル(MFMS)が2020年1月、面白そうなプロジェクトを展開しています。

写真展「無自覚なボクが、いま言いたいこと。 I know that I know nothing.」 – LE DECO(ルデコ)ギャラリー・ルデコ より

写真展
「無自覚なボクが、いま言いたいこと。
I know that I know nothing.」


スタジオ ・ブルームルーム 冨樫 東正 本田 織恵
NPO法人マイフェイス・マイスタイル

会期:2020年1月14日 (火) ー1月26日 (日) 11:00-19:00
(最終日17:00まで・月曜休廊)
入場無料

「無自覚なボクが、いま言いたいこと。」
というタイトルの「見た目問題」当事者を表現した写真展を開催するそうなのですが。
その写真展を応援するためのクラウドファンディングが展開されています。

「無自覚なボクが、いま言いたいこと」写真展プロジェクト – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

写真展についての詳細や強い思いは、このクラウドファンディングのページ上に綴られているので、ぜひご覧くださればと思います。

今回、この写真展に僕は登場はしないのですが。
NPO法人マイフェイス・マイスタイルの代表:外川浩子さんの実弟で、プロジェクトオーナーの同団体チーフ:外川正行さんの文章が、良い感じだな~と思ったので拙ブログで紹介させていただきます。

“魅力的な人たちが魅力的なまま自分らしく生きていける社会の実現につながるのかも知れない写真展「無自覚なボクが、いま言いたいこと」プロジェクト” の続きを読む