6月13日は【国際アルビニズム啓発デー】です。

2015年から、6月13日は国連が制定した国際アルビニズム啓発デーInternational Albinism Awareness Day)なのだそうです。
日本の辞書としては「国際白皮症啓発デー」とも記されているようです。

International Albinism Awareness Day 13 June

People with albinism face multiple forms of discrimination worldwide. Albinism is still profoundly misunderstood, socially and medically. The physical appearance of persons with albinism is often the object of erroneous beliefs and myths influenced by superstition, which foster their marginalization and social exclusion. This leads to various forms of stigma and discrimination.

for the prevention of attacks and discrimination against persons with albinism…「アルビノの人々に対する攻撃と差別を防止するために」、社会的や医学的にも存在する誤解をなくすべく、啓発しようぜ!的な感じです。

啓発的な意味で、日本人のアルビノ・エンターテイナーを名乗る僕:粕谷幸司がヒゲだった時に撮っておいた初出し画像を公開しておきます。

International Albinism Awareness Day - 国際アルビニズム啓発デー

さて。

「国際アルビニズム啓発デー」が作られた理由 | ナショナルジオグラフィック日本版サイトとかを見ていると、やはり国際的にはアフリカ・タンザニアなどでの殺傷事件が最重要視されて制定されたことが書かれています。

国際的に大問題なこの“アルビノ狩り”事件。
当ブログでも、これまで何度か取り上げてきましたが。

そんな現実が世界に在る今、しかし豊かで平和なこの国・日本で僕らは、何を考えようか。

“6月13日は【国際アルビニズム啓発デー】です。” の続きを読む

35歳・独身・大人のアルビノの僕が幼児に「なんで みんなと ちがうの?」と聞かれて難しく感じてしまうのは

あっ、一説では「長生きできない」という噂もありますが、今年で35歳になります。
東京ディズニーリゾートと同い年なんだね、と憶えておいてください。

入院経験もなければ、皮膚科にも眼科にも通院してません。
歯医者には行ってます。
ディズニー行きたい(女の子と)。
健全で健康なアルビノ・エンターテイナー、粕谷幸司です。

先日、幼児から聞かれました。

「こうじくんは なんでわたしと みんなとちがって しろいの?」

ムムムッ…!

これまでのアルビノ人生で、数百回か数千回か、数え切れないほどされた質問なんだけれど。

自分が幼児ではないから、同じ目線で「うまれつきなんだってー」と返答しておしまいにするのも少し違う気がして。
けれど、正しいからといって「アルビノっていう、メラニン色素が生まれつき体内にない現象でね…」と解説したところで、理解できなければ答えにはならないだろうし。

自分が、相手と大きく違う年齢・環境だったりすると、答えもまた大きく違ってくるもんだ。

ものっすごく悩んだなあ…。

“35歳・独身・大人のアルビノの僕が幼児に「なんで みんなと ちがうの?」と聞かれて難しく感じてしまうのは” の続きを読む

[スポンサードリンク]