雑記:僕もそこを目指している

最近、前にも増して「アルビノ・エンターテイナーって何?」ということについて、考えまくっている僕です。
アルビノで日本人タレントしてます(暫定)粕谷幸司です。

マイケル・J・フォックス、パーキンソン病で「同情されるのはウンザリ」とコメント。 | Techinsight

マイケルがこのほど英紙『ガーディアン(The Guardian)』の取材に応じ、「病気のことで人に同情されるのはまっぴらだった」と本音を明かしている。

「僕がこなしてきたことのおかげで、今は誰にも同情なんてされない。それって素晴らしいことさ。前は(同情されることに)耐えられなかったよ。同情って、形を変えただけの嫌がらせ行為だね。」

…もう、全文を引用してしまいたいくらい、大好き。

俳優として、言わずと知れた大スター。
パーキンソン病の発症によって、色んなコトが変わったのでしょう。
けれど本質的に、表現者としての彼は、変わっていなかったんだ…。

僕の場合は、生まれ持ってのアルビノで。
その人生を30年生きてきて、今やっとタレントとしてスタート。
何者でもないところからだけれど…、彼の思いにはとても、共感する。

“雑記:僕もそこを目指している” の続きを読む