次のメインPCとしてiPad(無印)で足りるのか考えてみた

マウスコンピューター m-Book B504H-A お仕事
この記事は約6分で読めます。
当ブログは商品紹介の際にアソシエイト広告を使用することがあります。ページ内のリンクを介して商品を購入すると著者に収益が発生することがあります。




結論から言うと僕は…次に買うメインPCはiPad(第10世代)で充分です!

現在のPC環境

メインPCはマウスコンピューター(2017年発売)Windows

いま僕が使用してるのは、マウスコンピューターの15.6型液晶(デカい)ノートPC「m-Book B504H-A」。
購入当時は、動画編集・音声編集をガシガシやるしMicrosoft Officeは仕事上必須だろうしWebサイト制作もブログも執筆作業も全部1台でやるために、でも業務用ではない「ギリギリお手頃価格で買える高性能PC」を探していて、4,000台限定で販売されたこの機種が、白いしキーボードバックライトもあるし可愛い!と惚れ込んたのでした。

【基本スペック】
OS:Windows 10 Home 64ビット(当時)
CPU:インテル(R) Core(TM) i7-8550U プロセッサー ( 4コア / 8スレッド / 1.80GHz )
メモリ:8GB×1
ストレージ:512GB SSD
インテル UHD グラフィックス 620

(オプション)
Microsoft(R) Office Home and Business Premium
500GB HDD

―この感じで当時14万円弱(税込み)

動画編集を主目的としていた自分としては、フルHDのディスプレイでフルキーボード、当時としては悪くないスペックでベストマッチでした。

サブPC的にHPのChromebook

サブPC「HP Chromebook x360 14b」

もう一台、声優系コンテンツの制作会社員だった当時、あちこち移動しながら資料を見たりメール連絡したりに使うために、2021年に購入したのが小さめで軽い「HP Chromebook x360 14b」。

Chrome OSだからWordやExcelの扱いは少し不便かな~とは知りつつも、出先でメール、作成済み資料の確認くらいなら充分だと判断して。
けれど当時タブレット端末にしなかったのは「WindowsユーザーだしスマホはAndroidだし」という気持ちの問題の他に「膝置きタイピングが出来るか」と考えたからでした。

Chromebook系のPCは、基本的な作りはノートPCのような感じなので、キーボードが乗せられれば膝上でもタイピング出来るのですが。
よくあるタブレット端末のアクセサリーだと、膝においてタイピング出来ないモノが多かったんですよねー。

【基本スペック】
OS:Chrome OS
CPU:インテル® Pentium® Silver N5030 プロセッサー
メモリ:8GB オンボード
ストレージ:64GB eMMC フラッシュメモリ
インテル® UHD グラフィックス 605

―この感じで当時5万円弱(税込み)

14インチワイドのタッチディスプレイで、上記のメインPCと比べると一回りだけ小さい。けれど「持ち運ぶ」ことを優先で考えたら随分と軽く楽に感じました。

どうでも良いけどときめきポイントとしては…コレも白いしキーボードバックライトもあるし可愛い!

(余談ですが「360°回転してタブレットとしても使える」については結局「それにしては重たい」のでほぼノートPCとしてしか使わなくなるものでした)

そして何と言っても安かったのが最高でしたよね。
前述の通り画像処理も動画編集もしない予定のChromebookなので、こうしてミニマムな設計なのがまた、最適な端末だったのでした。
当時のタブレット端末は、iPadは高いし、Android系は性能が△、Surfaceもどっちつかずでしたし…。

タブレット端末はGoogle Pixel Tabletを持っている

これはつい最近(2023年)のことで、メインPCとは少し話がズレるのですが。
動機としては「Google公式ブランドでタブレット端末が出たなら欲しい!」という…嗜好のような感覚でして。

用途としては「家でSNSをするならデカい画面の方が好い!」「ペーパーレスを推進していきたい!(プリントアウトしないで書類を読むとか)」という気持ちの問題が大きく。
PCとしてというよりはデカいスマホとして、家での暮らしを快適にするツールとして購入したのでした。

Google Pixel Tablet
Google Pixel Tablet は、Tensor G2 チップが組み込まれた初めてのタブレットです。Google AI による高速でスムーズなストリーミングなどの機能を備えます。

作業用というよりは遊び用というか…、あくまでも「家庭用」の認識です。

(一応)スマホはGoogle Pixel

これまでの遍歴としても…スマホデビューはiPhoneじゃなかったし、PCもずーっとWindowsだったし、Androidの親であるGoogleのスマホが一番気持ち良い!という流れで今に至る感じです。

Google Pixel スマートフォン - Google ストア
Shop the latest Google Pixel smartphones, Pixel 8, Pixel 8 Pro, Pixel 7a. The only phones engineered by Google. Get more...

メインPCに求めるものを書き出してみる

こんなに、見返してみればガジェットだらけな僕は…「持ちすぎて無駄がある気がする」と思い至りました。
デジカメも音楽プレーヤーも小型ゲーム機さえもスマホ1台に収まったように、これだけのモノをもう少し因数分解が出来るんじゃないか…?と。

なので要件定義をしてみました。

【スマホ】外で使うモノ。モバイルSuicaやPayPayなど「おサイフ」。連絡ツール(電話・LINE)。高性能デジカメ。→家ではほぼ使わない

【Pixel Tablet】家で使うサブスマホ(感覚)。SNS、台本など書類の確認、インターネットブラウジング。カレンダー、メモ帳、radiko、計算機などに使用。→スペック的にもメインPCにはならない

【Chromebook】主にブログや台本など文章を書く。インターネットブラウジング。メールやLINEもサブ的に利用。→軽く持ち運べるデジタルノートとして簡易的な使用

【メインWindows PC】主にPodcastラジオの音声録音・編集。(時々)YouTubeなどの動画編集。少し凝った画像編集。少し複雑なWebサイト管理。+Chromebookで出来ること。
少し重くて持ち運びにくい7年前のPCだけど確固たる作業用メインPC

と、ここまで整理してみると明確でした。

スマホは「外出用の電話・LINE・おサイフ」なので、今のところ領域の変化はナシ。

Pixel Tabletはいわば スマートスピーカー→スマートディスプレイ→→ の延長線上のあくまでもホームデバイスで「外出しないスマホ」くらいの存在感。
画面の大きさが大事なのでスマホには集約されず、かといって機能面でPCになる程でもなくステイ。

問題は「Chromebook」と「メインWindows PC」

シンプルに考えると「Chromebookに出来てWindows PCで出来ないことはない」ので…Chromebookが要らない、かも知れない。
がしかし…メインPCは少し重くて持ち運びには不向きなんですよねー!

理想を突き詰めて簡潔にまとめれば…「今のメインPCの性能で持ち運び出来る小ささ」が欲しいのです。

そう、結局はそれだけなのですが。

現在のメインPC(7年前の製品)と同等より少し良いくらいのWindows PCを探しても、結局は10万円ちょっとになるんですよねー。
円高だったり半導体不足だったりあるんでしょうけどねー…。

それでもまあ、それはそれで良いんですけど。

もう少し面白い展開を望みますので!

コメント

タイトルとURLをコピーしました