アルビノの日本人の僕が見てきた、日本におけるアルビノの、およそ20年の歴史。

1998年、国内インターネット利用人口が1,000万人を突破。
それから20年。2018年ではインターネット利用人口は1億人を超え、日本人のほとんどがインターネットを利用しています。

2008年、iPhoneが日本で発売開始。Androidスマートフォンは翌年の2009年から日本で発売。
それから10年。現在ではインターネット利用は「パソコン」より「スマホ・タブレット端末」の方が多くなりました。

現在では当たり前のモノも、ほんの10年、20年の間に生まれ、浸透していくように普及しただけだったりします。
逆を言えば、10年・20年前に当たり前だったことは大昔の古い記憶となり、そのころには夢にも信じられなかったことが、現代ではまったく当たり前に実現していたりします。

時代は、変わる。

2009年 MFMS アルビノ 粕谷幸司

僕が会社員になり、「見た目問題」解決NPO法人マイフェイス・マイスタイルに関わり始めたころ。
日本には「アルビノ」という存在を広く認知させる勢いのある人や団体は、ほぼ皆無でした。

“アルビノの日本人の僕が見てきた、日本におけるアルビノの、およそ20年の歴史。” の続きを読む

日本人のアルビノ(35歳・男性) 2018年夏の丸刈り坊主[Buzz cut]

日本人 アルビノ 表現者 エンターテイナー 男性 ボウズ

日本人アルビノ・エンターテイナー:粕谷幸司

New Key visual 2018 SUMMER 公開します。

新しく、これまでに無かったビジュアルへの挑戦です。

アルビノ 日本人 男性 エンターテイナー 表現者
アルビノ・エンターテイナー:粕谷幸司

[アルビノとは]
先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患、つまり生まれつき体内にメラニン色素がない(またはほとんどない)症状。
疾患それ自体はアルビニズム (albinism) という。

アルビノ 白い肌 髪の毛 まつ毛 眉毛
生まれつきメラニン色素がなく全身が白い

日焼け対策、弱視・眼振・斜視・羞明の対応、そして「見た目問題」など考えることは多々あるが、楽しく生きていくことに何ら問題はない

“日本人のアルビノ(35歳・男性) 2018年夏の丸刈り坊主[Buzz cut]” の続きを読む

【僕はアルビノの日本人】「20,000人に1人」という数字はどれくらいなの?

どーも!こんちわ!
日本人アルビノエンターテイナー粕谷幸司です。

僕は、生まれつき体内のメラニン色素を生成する能力が無い(または極端に少ない)遺伝子疾患:アルビノの日本人です。
日本では、20,000人に1人とか30,000人に1人くらいじゃないかとか言われていますが、色の濃さ(メラニンの少なさ?)には程度があるみたいで、僕くらい真っ白!な人は、アルビノ全体の数よりもっと少ないです。

…なんて話をよくするのですが、例えば20,000人に1人だとすると「え、日本には6,000人もいるの?そんなにいるんだ」なんてリアクションをされることもあります。

珍しさ、というのは僕の、アルビノの武器でもあるので…「なあんだ粕谷は珍しくないのか」と思われると悔しいのです。

そんなわけで今回は「20,000人に1人」ってどれくらいなの?について、調べながらまとめてみます。

ちなみに、今年の「全日本国民的美少女コンテスト」は応募総数80,000通超らしいです。
その中から1人のグランプリに輝いた井本彩花さんはスゴいですね!
審査員特別賞なども含めた“受賞者”は、今回は8人

つまり、全日本国民的美少女コンテストの“受賞者”は、80,000人に8人=10,000人に1人

…とまあ、こんな感じで続けます。
ざっくりと、数字あそびのようなものです!
大体、の感覚で読み進めてみてくださいね。

“【僕はアルビノの日本人】「20,000人に1人」という数字はどれくらいなの?” の続きを読む