アルビノの日本人エンターテイナー:粕谷幸司の公式ブログ。アルビノについてやエンターテインメント関連など、好きなこと気になること伝えたいことを大切に、書き留めて発信しているWebサイトです。

カテゴリー: ラジオ

  • 「スペシャルウィーク」をやめたTBSラジオがリアルタイムで聴取数を見る「リスナーファインダー」の運用開始

    2018年11月に、それまで2ヶ月に1度おこなわれる聴取率調査で数字を上げるために実施していた「スペシャルウィーク」をやめる!と宣言したTBSラジオが、radikoを通じてラジオ番組を聴取する自局リスナーのログデータをリアルタイムで可視化するデータダッシュボード「リスナーファインダー」の運用を開始したそうです。

    TBSラジオ「リスナ0ファインダー」を開始

    生放送スタジオなどに表示することによって、番組制作に活用できるデータダッシュボード「リスナーファインダー」をPeopleDrivenDMPをベースに電通が開発。TBSラジオはこのダッシュボードの採用を決定し、運用を開始致しました。

    TBSラジオがラジオリスナーをリアルタイムに可視化するデータダッシュボード「リスナーファインダー」の運用を開始|株式会社TBSラジオのプレスリリース

    「本ツールは精度向上のため3月末までは試験運用し、4月以降本格サービスインを予定しています。」とのことですが、他局もきっと本格導入に動くでしょうね~。

    これまでの「対象期間に、いつ、どのラジオ局(番組)を聴いていましたか?」というアンケートのようなアナログな調査は、時代的にもちょっとアレですしね…。

    ラジオ個人聴取率調査 | ビデオリサーチにも「ラジオは自宅内だけでなく自宅外でも聞かれるメディアですので、機械式テレビ視聴率調査のようにラジオに測定機を取り付けるわけにはいきません。」という一文があり、だからこれまでのような調査方法でやってきた、という歴史があるのですが。

    …時代です!変わりましょう。ということですね!

    (さらに…)
  • TBSラジオが、これまでの聴取率調査週間“スペシャルウィーク”をやめましたって。

    少し前の話なのですが。
    僕が習慣的に愛聴しているTBSラジオが、2ヶ月に1度おこなわれる聴取率調査週間を「スペシャルウィーク」と呼んで特別なゲストやプレゼント企画を実施し「聴取率を目当てに番組作りをする」やり方を潔くやめると宣言したんですって。

    TBSラジオ“スペシャルウィーク”12月からやめます ラジコのデータ活用へ/芸能/デイリースポーツ online

     ラジオはテレビの視聴率にあたる「聴取率」を毎日測定していない。2カ月に1度、1週間を対象にし、各時間帯でどの番組を聴いていたか、というアンケートを行って算出され、この数字が番組編成や営業活動の参考にされる。TBSラジオは2001年8月から、この聴取率で業界トップを守っている。しかし、ネットでラジオ放送を聴けるサービス「radiko.jp(ラジコ)」が普及し、ここを通じての聴取者数はリアルタイムに局側が実数を把握できるという実態があるという。
     三村社長は「12月10日からの1週間からスペシャルウィークという呼称を使わないことにいたしました」と表明し、「毎日がスペシャルといえるかなと思います。番組改編期、局としての改編期などに必要に応じてスペシャルな編成を行っていこうと思っています」とこれまで行っていた聴取率調査週間に合わせた企画は、時期にあわせて編成するとした。

    従来の聴取率調査では、なんと驚きの17年4ヶ月連続トップV104を達成したとのことですが。
    そんなTBSラジオが、つまり「年に6週の聴取率調査週間に特別なことをして数字を取るために番組を作るという体制」を変えようとしているわけですね。

    (さらに…)
    TBSラジオが、これまでの聴取率調査週間“スペシャルウィーク”をやめましたって。