TBSラジオが、これまでの聴取率調査週間“スペシャルウィーク”をやめましたって。

少し前の話なのですが。
僕が習慣的に愛聴しているTBSラジオが、2ヶ月に1度おこなわれる聴取率調査週間を「スペシャルウィーク」と呼んで特別なゲストやプレゼント企画を実施し「聴取率を目当てに番組作りをする」やり方を潔くやめると宣言したんですって。

TBSラジオ“スペシャルウィーク”12月からやめます ラジコのデータ活用へ/芸能/デイリースポーツ online

 ラジオはテレビの視聴率にあたる「聴取率」を毎日測定していない。2カ月に1度、1週間を対象にし、各時間帯でどの番組を聴いていたか、というアンケートを行って算出され、この数字が番組編成や営業活動の参考にされる。TBSラジオは2001年8月から、この聴取率で業界トップを守っている。しかし、ネットでラジオ放送を聴けるサービス「radiko.jp(ラジコ)」が普及し、ここを通じての聴取者数はリアルタイムに局側が実数を把握できるという実態があるという。
 三村社長は「12月10日からの1週間からスペシャルウィークという呼称を使わないことにいたしました」と表明し、「毎日がスペシャルといえるかなと思います。番組改編期、局としての改編期などに必要に応じてスペシャルな編成を行っていこうと思っています」とこれまで行っていた聴取率調査週間に合わせた企画は、時期にあわせて編成するとした。

従来の聴取率調査では、なんと驚きの17年4ヶ月連続トップV104を達成したとのことですが。
そんなTBSラジオが、つまり「年に6週の聴取率調査週間に特別なことをして数字を取るために番組を作るという体制」を変えようとしているわけですね。

“TBSラジオが、これまでの聴取率調査週間“スペシャルウィーク”をやめましたって。” の続きを読む

お昼の文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ』を聴いてみよう

特に…、6月7日(水) 14:00 「大竹発見伝~ザ・ゴールデンヒストリー」のコーナーをね!

大竹まこと ゴールデンラジオ

文化放送(JOQR)で毎週 月~金 13:00~ 放送中のラジオ番組『大竹まこと ゴールデンラジオ』。

その中に「大竹発見伝~ザ・ゴールデンヒストリー」というコーナーがありまして。
‘僕の言葉”がO.A.されます。

このコーナーは、市井の人々の人生や生活を取材した原稿を大竹さんが朗読する、人の歴史を紹介する感じのコーナーなのですが。
先日、作家さんに取材していただきまして。

僕の‘ゴールデンヒストリー”が6月7日(水)にO.A.されることが確定したそうですっ!

“お昼の文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ』を聴いてみよう” の続きを読む

圧倒的なスマートフォンの時代に僕らはどう発信し続けていくか

どーも!アルビノ・エンターテイナー:粕谷幸司です。

先日、とある取材をお受けいたしまして。
その際にラジオについて、ワイワイとラジオ好き同士でお話ししてたんですが。
radiko.jp(ラジコ)は革命的でしたよね~」なんて盛り上がるさなか、ふと、最近思っていたことが頭の中でムクムクと大きくなったんです。

ラジオ、というメディアそのものに触れたことがない人たちもとても多くなった現代。
いろんなものをひっくるめて、発信→受信、という経路が、大きく変わったよなあ…と。

僕が生きてきた時代でいうと、
最初のころはテレビ・ラジオ(あと新聞とか)からの受信がほとんど。
もちろん常に、先生・友だち・家族とか「人」からも受信はしていて、これは今でもこれからも変わらない・無くならないのだけれど。

そういう「入ってくる」という経路から、時代は移り変わり、個人が「選ぶ・取りに行く」時代になりました。
ほとんどの人が、知りたくないと思えば「触れないという選択肢」を行ける時代。
自分が欲しいものだけを選んで、その感覚に近しい人とだけ繋がっていける世界。

大人になって「新しい友だち、ってどうやってつくるんだっけ?」と思うような感覚で。
果たして現代・未来の僕らは、どうやって「知らなかったことを知る」のだろう。

このブログKASUYA.netの、2017年1月1日~2017年4月26日までのアクセス、31,308PVのOSのデータ。


無料で簡単なリアルタイム・アクセス解析|忍者アナライズのもの)

iPhone・Androidだけで75%くらい。
4人に3人は、スマートフォンで読んでいる。

“圧倒的なスマートフォンの時代に僕らはどう発信し続けていくか” の続きを読む