アルビノの日本人エンターテイナー:粕谷幸司の公式ブログ。アルビノについてやエンターテインメント関連など、好きなこと気になること伝えたいことを大切に、書き留めて発信しているWebサイトです。

タグ: スマートフォン

  • 【国際アルビニズム啓発デー】日本でも「アルビノの人々の“いまからみらい”」を一緒に考えて発信しよう

    6月13日は、国際アルビニズム啓発デーです。
    International Albinism Awareness Day

    国際アルビニズム(白皮症)啓発デーとは

    アルビニズムの人々に対する差別や偏見をなくし、白皮症への理解を高めることを目的に、2014年11月18日、国連総会で制定された国際デーの1つです。

    (参照: 6月13日は「国際アルビニズム啓発デー」:アルビニズムの人々を狙った暴力−差別や偏見をなくし、理解を高める日| 日本ユニセフ協会 | 世界の子どもたち

    アルビノ(アルビニズム)とは

    アルビノ(albino)は、先天的に(生まれつき)メラニン(色素)の生合成に関わる遺伝情報の欠損により、体毛や皮膚が白かったり、黄斑低形成や羞明で視力が弱かったり、メラニン色素の生合成が上手く出来ないために日焼けをすると火傷のようになってしまったりする遺伝子疾患の名前です。

    日本でのアルビノについて

    当サイトでも長い間、色々な角度からアルビノについての発信をしてきましたが。
    最近の日本では…アルビノについて、どんな認識がされているでしょうか?

    30年前。僕が小学生の頃は「アルビノ」という言葉を耳にする機会もなく。
    インターネットどころかWindows PCすら普及していませんでしたので、親に連れられて行った病院の医師から聞いたことがほとんどすべて。
    (そして医師でさえ詳しく理解していたとは言えなくて…)
    正直、知ろうとしても難しい存在でした。

    20年前。僕が大学生の頃。知人から「粕谷さんはアルビノなんでしょう?」と聞かれた時、初めて“アルビノという言葉”を認識しました。
    家のPCで検索して、当時では唯一くらいのホームページ「アルビノのページ」に辿り着き。
    それまで、自分がした経験や体感でしか知ることの出来なかった“アルビノという存在や特徴”を、やっと理解することが出来始めました。

    10年前。僕が20代後半の頃は、僕自身が発信者として、それまでモヤモヤとまことしやかにささやかれていたアルビノについての誤解を解いたりしていました。
    「アルビノの人は短命だ」→元気に楽しく生きている人がいる
    「アルビノの人は視覚障害」→間違いではないけれど“弱視”は程度も人それぞれ
    「アルビノの髪の毛は真っ白で目が赤い」→全員がそうじゃなく色も意外と人それぞれ

    …ってね。

    そして現在。令和の時代は、ほぼすべての人がスマートフォンでインターネットの情報にいつでも・どこでもアクセス出来る。
    知りたいと思えばある程度の答えには“検索”で簡単に辿り着ける素晴らしい世界。
    アフリカでの「呪術に用いる目的」で殺傷される事件や、日本国内でも子供の頃から偏見にさらされたり、「見た目問題」的に就職差別があるのかとか…。
    悲しい苦しい残念な現実があることも、知ることが出来る現代。

    アルビノについて一緒に発信してみませんか?

    (さらに…)
    【国際アルビニズム啓発デー】日本でも「アルビノの人々の“いまからみらい”」を一緒に考えて発信しよう
  • キャッシュレス化していく令和の時代に僕が欲しいと思うのは「薄いお財布」

    お財布というと、昭和から平成を生きてきた僕らとしては一種の「ステータス」のようなイメージがあるという人も、多いと思います。

    「お金持ちは高級なお財布をブランド物のセカンドバッグに入れて持ち歩いている」
    「お財布は(大切な人から)プレゼントしてもらうと金運が上がる
    「ビジネスマンたるもの革の長財布をジャケットの懐に
    「あえて長財布をジーンズの尻ポケットに入れてウォレットチェーンで繋ぐ」
    「大物有名人は100万円の束を分厚い財布に入れていた」
    「学生時代はコンドームをお守りのように財布に忍ばせていた」

    …パッと思いつくだけでも、お財布についての一般論というか縁起のような話って色々ありますよね。(※ほとんど個人の意見です)
    それらの考え方は、どれも個人の好みなので自由なのですが。

    日本政府も推進している「キャッシュレス化」が、今後本当に根付いていったら。
    「お財布を持つ意味」も、大いに変わってきますよね。

    そもそも財布の大部分を「ポイントカード」が占めていた僕の悲しい現実

    僕の場合は…だとも思うのですが。
    先日ふと、お財布の中を眺めてみたら…大してお金も入ってないのにポイントカードばかりわんさか鎮座している。

    (さらに…)
  • 「スペシャルウィーク」をやめたTBSラジオがリアルタイムで聴取数を見る「リスナーファインダー」の運用開始

    2018年11月に、それまで2ヶ月に1度おこなわれる聴取率調査で数字を上げるために実施していた「スペシャルウィーク」をやめる!と宣言したTBSラジオが、radikoを通じてラジオ番組を聴取する自局リスナーのログデータをリアルタイムで可視化するデータダッシュボード「リスナーファインダー」の運用を開始したそうです。

    TBSラジオ「リスナ0ファインダー」を開始

    生放送スタジオなどに表示することによって、番組制作に活用できるデータダッシュボード「リスナーファインダー」をPeopleDrivenDMPをベースに電通が開発。TBSラジオはこのダッシュボードの採用を決定し、運用を開始致しました。

    TBSラジオがラジオリスナーをリアルタイムに可視化するデータダッシュボード「リスナーファインダー」の運用を開始|株式会社TBSラジオのプレスリリース

    「本ツールは精度向上のため3月末までは試験運用し、4月以降本格サービスインを予定しています。」とのことですが、他局もきっと本格導入に動くでしょうね~。

    これまでの「対象期間に、いつ、どのラジオ局(番組)を聴いていましたか?」というアンケートのようなアナログな調査は、時代的にもちょっとアレですしね…。

    ラジオ個人聴取率調査 | ビデオリサーチにも「ラジオは自宅内だけでなく自宅外でも聞かれるメディアですので、機械式テレビ視聴率調査のようにラジオに測定機を取り付けるわけにはいきません。」という一文があり、だからこれまでのような調査方法でやってきた、という歴史があるのですが。

    …時代です!変わりましょう。ということですね!

    (さらに…)