午前0時の森「おかえり、こっち側の集い」終了…寂しい【追記あり】

午前0時の森「おかえり、こっち側の集い」 番組
この記事は約3分で読めます。
当ブログは商品紹介の際にアソシエイト広告を使用することがあります。ページ内のリンクを介して商品を購入すると著者に収益が発生することがあります。




大好きなテレビ番組が終わるのが、ただ寂しい…。

2022年4月から放送開始した「午前0時の森」の火曜枠で、2023年6月から「おかえり、こっち側の集い」として放送されていた番組が、2024年3月で終了するという確定情報が、ラジオ「オードリーのオールナイトニッポン」のトーク内で、若林さんからポロリと漏らされた。

誤解を恐れずに言えば
この世の人間は「あっち側」と「こっち側」の2通り

人生がキラキラしていて「THE 明るい人」って感じの「あっち側」
目立たず騒がず生きる「こっち側」

芸能人なんて誰もが「あっち側」と思いきや
捜せばいるわいるわ若林と同じ目をした人間たちが

今夜はじまるのは
そんな「あっち側」で生きることに疲れちゃったスターたちの集い

「こっち側」の方々の悩みに優しく寄り添う
おかえり、こっち側の集い

午前0時の森「おかえり、こっち側の集い」 2023年6月20日(企画初回)放送 冒頭ナレーション

僕も30代半ばごろからわかりはじめた「あっち側」と「こっち側」の相容れなさ。
特に飲み会での「あっち側」の方々の振る舞いと「こっち側」の我々の理解されない温度差。

とても小さなことでも気にしてしまってなかなか「普通の暮らし」もしにくいよね〜、という話を共感しながら過ごす火曜の夜が、好きだったなあ〜。

若林さんが番組内で「(こっち側を)芸能界の一大勢力にしたい」と何度も言っていたけれど。
本当に…「こっち側」が集う場所さえあれば、生きやすくなる僕のような人は、少なからずいたと思う。

密かに、僕の最近の活動の中で「いつかここに行きたい」という目標の1つでもあった。

まあ…コンテンツが終わりを迎えるのにはそれなりの事情があって、仕方のないことではある。

ただ、本当にちょっと、寂しいな〜…。


「午前0時の森(月曜日)」について、番組内で正式に「終わる」ことが公表された。

その中で劇団ひとりさんは「去年の6月に聞いてた」と言ってた。
随分前に!と驚くとともに、火曜日と同時に決定していたとすると…「おかえり、こっち側の集い」になったタイミングが、また切ない。

もしかしたら「こっち側」だけ新番組として残すとか、模索していたりもしたのかな…?
なんて、今となってはまあ、どんな想像をしてもアレなのだけれど。

何にせよ、2年間のチャレンジングな企画が終了する。

終了を発表した後の番組というのも、それはそれで気になるもので。
最後の打ち上げ花火になるかも知れない。

それもそれで、楽しみに見届けたいと思ったり。

コメント

  1. ぱく より:

    凄くショック!
    皆に宣伝してたのに。すごく面白いって。少しずつ見る人も増えてきたのに!

タイトルとURLをコピーしました