【落ち着いて…!】格安SIMを利用していて機種変更をしたら電話はできるのにインターネットに接続できない

なんでも自分でなんとかする…、Do it yourself時代!

僕は2年前から、格安SIMのLINEモバイルを利用しているのですが、以前利用していた大手キャリアの基本料金の半分以下、月々およそ2,000円で済んでいるので…、2年間で4~5万円くらい浮いた感覚もあり、新しいスマートフォンを買いました。

Google Pixel 3XL

一部で話題のGoogle Pixel 3XL です!

で、Google Pixel 3についての詳しいことは今回は省きまして。
手順通りにSIMカード差し替えから、電源ON、ケーブルをつないでアプリや諸々のデータコピー…と設定を進めていき、無事にPixel 3を満喫する生活がスタート!

…したのですが。

ウキウキで外に出て、電車に乗り(Google Pay に設定済みのモバイルSuicaで!)、電車内でニヤニヤしながらTwitterでもしようかと思ったら…。

電話はつながるのにインターネットにつながらない状態に!

焦りました…。

“【落ち着いて…!】格安SIMを利用していて機種変更をしたら電話はできるのにインターネットに接続できない” の続きを読む

83%のみんなが「主にLINEで」連絡を取り合ってる

僕が知りたいみんなのことは、Twitterが教えてくれる…!

ふと、興味本位でTwitterアンケートをしました。

もちろん「これだけ」じゃないけれど。
全世界のユーザー数とか、各社の株価とか業績とか、そういうのはひとまずおいといて。

僕の周りの「みんな」はほとんど「主にLINEで」連絡を取り合ってるみたい。

僕が知りたい“僕の周りのみんな”の傾向が知れて、ほんと面白かった!

…そして僕は、Messengerアプリをそっと、スマートフォンからアンインストールしたのです。

★Twitterでもっと楽しみたいと思って、最近また活発につぶやいてます!
 フォローしてね! →@96mouse

僕が『LINEモバイル』を友だちに薦めた たったひとつの理由

そう、安いから!

2017年7月のLINEモバイル請求額

LINEモバイルは月初に「今月の請求金額」が確定して通知が届き、マイページに反映されるのですが。
僕がLINEモバイルをプッシュした友だちから「わろた」「やっす!」って感動のLINEが届いたので、今こそまとめておきます!

以下、僕が考えたこと・感じたことを書き綴る流れ。

1)「格安SIMはナゼ安いの?」から始めた
僕が得た結論:いろんなオプションサービスと実店舗が無い

冷静に考えれば、そらそうですね。
大手キャリアのように、駅前や商店街にいっぱい店舗を構えていたら、人件費と場所代諸々、めっちゃかかりますよね。
あと、オプションがほとんど無ければ、シンプルな料金プランになるし、プリインストールの専用アプリとかも開発・運営しなくても良いってことですよねっ。

ちなみにLINEモバイルは、コミュニケーションアプリのLINEによるサービスなので、そのLINEからデータ残量の確認ができたり、マイページにログインすれば料金明細が見られます。

2)解約金で損するのかな?しないのかな?
結論:僕はしなかった。

大手キャリアの「2年縛り」とかだと、更新月じゃないタイミングでの解約には解約金が発生しちゃって、例えばそれが10,000円とかだと「…じゃあ更新月まで耐えようかな」と思う気持ちが、僕にもありました。
ただ、これも、冷静に考えまして。

僕の場合は、10月が更新月だったのですが、思い立ったのは1月でした。
わかりやすく「更新月まであと10ヶ月」あるとして。
またわかりやすく、端末の分割払いは考えないことにして。

4,000円くらいだった全体料金(端末の分割払いを除く)が、LINEモバイル(コミュニケーションフリープラン・音声通話SIM・3GB)にすると、たまにチョロッと電話したとしても大体2,000円くらいになりまして。(※僕の場合)
つまりは2,000円/月、お安くなるので、10ヶ月で20,000円お安くなりまして、解約金の10,000円を支払っても、結果10月時点で10,000円お安くなることに。

更新月まであと何ヶ月か、で解約金が大損になってしまうかも知れませんが、上の感じで言うと大体「更新月まで5ヶ月以上ある」なら、いま乗り換えちゃっても全然お得になる、ですね。

“僕が『LINEモバイル』を友だちに薦めた たったひとつの理由” の続きを読む