僕が「アルビノの写真グッズ」をSUZURIで販売することにした理由

アルビノの写真Tシャツ

僕は、このアルビノを悲劇にしない。
アルビノ・エンターテイナー:粕谷幸司です。

2022年3月から、オリジナルアイテム・グッズ通販 ∞ SUZURI(スズリ)にて「アルビノの写真グッズ albino.love」としてTシャツパーカーなどのファッションアイテムやiPhoneケースバッグマグカップなどの日用品・雑貨グッズの販売をはじめました。

アルビノの写真グッズ albino.love ( 96mouse )のオリジナルアイテム・グッズ通販 ∞ SUZURI(スズリ)

ぜひご覧いただいて、お好みのものをお買い求めください!

アルビノの写真Tシャツ
「アルビノを着る」ドライTシャツ / 粕谷幸司

基本的にすべてのアイテム・グッズが、僕の顔や目をメインにアルビノ大押しのデザインにしてあります。
今後も、新しいデザインで新商品を出していきたいと思っていますので、お楽しみに。

(SUZURIでのお買い物の手順については、別サイトにご案内を書きましたので、そちらもご参照ください。)
SUZURI(スズリ)でお買い物を楽しむ! – albino.love

さて。
僕もいい歳になり、ツルツルの若さというわけでもなくなりました。
それが何故、今このタイミングで、アルビノのビジュアルを大押しのアイテム・グッズを販売するのか。
ひいては何故、SUZURIを選んだのか。

そのあたりについて、じっくり書いておきたいと思います。

アルビノについて…時代は変わったのか

僕がアルビノ・エンターテイナーを名乗り、エンタメに強くこだわって発信活動をし始めてから、もう10年以上になりました。
当時はまだまだ、人間のアルビノ(アルビニズム)や日本人のアルビノについての認知・理解が全然無くて。
それでも何とか、知ることが出来る情報を集め、人と出会い、色々な話をして…。

他に誰もいないし、僕がやろう。

そんな気概を持って、当時から好きで触れ続けていたインターネット、そして自分がもとからしたかった「表現活動」と結びつけて、情報発信に力を入れることにしました。

“僕が「アルビノの写真グッズ」をSUZURIで販売することにした理由” の続きを読む

【本音はブログに書くタイプ】CAMPFIREクラウドファンディング企画『日本初の「アルビノ」コンセプトBar/Cafeを、東京・中野に爆誕させたい!』について

アルビノじゃない人がやったら、なにかと問題になっちゃうかも知れないけど、僕がアルビノで、僕がお店を持つって話ならセーフ!問題ないね!

そう…「アルビノ」をコンセプトに、なんて、第三者が言ってたらかなり危うい。
だけど、僕なら出来るかも知れない、僕にこそ出来るかも知れないから面白そうなんだ!

クラウドファンディング プロジェクトやってます!
「実現させたい!」と思ってもらえたら、パトロン参加(支援)と拡散協力をお願いします!

日本初の「アルビノ」コンセプトBar/Cafeを、東京・中野に爆誕させたい!
日本初の「アルビノ」コンセプトBar/Cafeを、東京・中野に爆誕させたい!

たくさんの人が望んで、求めて、支援してくれたら。
いま・粕谷幸司にしか実現することが出来ない日本初のアルビノの拠点が、つくれます!

“【本音はブログに書くタイプ】CAMPFIREクラウドファンディング企画『日本初の「アルビノ」コンセプトBar/Cafeを、東京・中野に爆誕させたい!』について” の続きを読む

【募集】アルビノ・エンターテイナー候補生

僕と一緒に、アルビノでエンターテイメントしよ!

僕のtwitterにて、アルビノの人の募集を開始しました。

「あたしだ!」「おれかも!」という方、twitterからDMお送りください。

もう少し詳しく書きますと…。

  • 僕が展開しているアレコレに、グッとくる人
  • 「アルビノを活かして」表現活動がしたい人
  • 変わること・変えていくことに意欲がある人
  • バイトくらいでもエンタメを仕事にしたい

…という感じでしょうか。

僕の中にある「いつかやりたいこと」を軸に、まずは「一緒に動ける人」を募集という感じです。
すぐにお金にはなりません!
けれど本気で、アルビノで、エンタメで食ってくところを目指します。

まずはtwitterのDMを通して連絡を取り、それから会って話してみたいと思います。
そして…“僕と一緒に何をしたら面白いか”を考えていきます。

得意なことを、存分に活かすことを、一緒にしよう。
アルビノだし。向いてないことを無理にさせたりはしません。
その人を見て、何から始めるか、何が輝くかを考えて動いていきます。

僕のこれまでの経験をすべて動員して、まだこの世界にない“アルビノの何か”を、エンタメで実現する仲間を求めます。

楽しさをつくろうぜ!
僕らもまた、楽しみながら。