見えないように「隠す片付け」は「まやかし」

箱の中に隠すのは要注意 日めくりカレンダー
この記事は約2分で読めます。
当ブログは商品紹介の際にアソシエイト広告を使用することがあります。ページ内のリンクを介して商品を購入すると著者に収益が発生することがあります。




どうも!

趣味で整理整頓するブロガー、粕谷幸司です。

ごちゃごちゃ散らかっているモノも、ちょっとした箱に詰め込んで積み重ねれば、なんとなく片付いた気持ちになる。

けれどそれは、まやかしです。

実際には物量は1つも減っていないし、ともすれば中身が見えなくなって忘れてしまって。
もう捨ててもいいはずの不用品までも箱詰めして無駄に保管しているにすぎません。

また、よほどシンデレラフィットしない限り、モノを箱にしまうと少なからずスキマができます。
空間を占有するスペースは、箱に入れる方が大きくなり、結果的に部屋を狭くしてしまうわけです。

同じく、引き出しや戸棚も、見えなければイイと思って詰め込まないことをおすすめします。
理由は同じく、ただ「人からも自分からも隠しただけ」で、何も片付いてはいないからです。

のび太くんじゃないですが…人に見せたくないモノを隠したところで、事実は全く消せません。

「もう見たくない」と思って箱や引き出しや戸棚にしまいたいモノなら…
ちゃんと捨てるなり処分をして「一生見なくて良い明るい未来へ」前進しましょう。

せめて、箱に入れてしまいたい場合には、中身が見える透明な箱にするか、ラベルなどで何を入れたかわかるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました