カテゴリー
note 再掲載

アルビノだからセロトニン不足でメンタル滅入りやすい説(2020)

(この記事は、 粕谷幸司|note に投稿した過去の記事を移植・加筆修正したものです。)

セロトニンのためには太陽光

不足すると心身に変調をきたすといわれている、神経伝達物質のひとつ「セロトニン」をご存知ですか。

このセロトニンは、消化管で過剰に分泌されると下痢になり、分泌が少ないと便秘になるそうですが、今回は“脳内セロトニン”のお話なので、腸内でのはたらきについてはひとまず横においておきます。

脳内の神経伝達物質としてのセロトニンは、Wikipediaには下記のように説明されています。

生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などの生理機能と、気分障害・統合失調症・薬物依存などの病態に関与しているほか、ドーパミンやノルアドレナリンなどの感情的な情報をコントロールし、精神を安定させる働きがある。

ホルモンとしても働き、消化器系や気分、睡眠覚醒周期、心血管系、痛みの認知、食欲などを制御している。

セロトニン – Wikipedia

この説明をそのまま解釈すると…、生理機能と精神・感情をコントロールする重要なはたらきをしている、とわかります。

つまり、セロトニンが不足すると、生理機能や精神・感情を安定させるはたらきが悪くなるということです。

そして、セロトニンが不足する原因として有名なのが日照不足です。

「冬場になると気分が落ち込む」「日本海側の人たちは雰囲気が暗い」「梅雨の時期は全部が嫌になる」「昼夜逆転の生活をしているとダメになる」と(※あくまでも一部の俗説ですが)いわれることがあるのは、日照時間の少なさが原因との説があります。

カテゴリー
YouTube インターネット

【煽らない系ユーチューバー】活動を積極的に2ヶ月くらいしてみて感じたこと

あらためまして、どうも!
僕は、このアルビノを悲劇にしない。
アルビノ・エンターテイナーで、煽らない系ユーチューバーの、粕谷幸司です。

お疲れさまで~す。

チャンネル登録・高評価・コメントたくさん、ありがとうございます~っ。

※予めお伝えしておきますが、この記事は長くなります。

ユーチューバーの心構えメモ
▲11月に僕がユーチューバーをはじめるにあたって書き出したメモ

世の中でユーチューバーという存在が認知されはじめたころから。
「キミもユーチューバーやってみたら~?」と、たくさんの方からずーっと言われていました。

けれど僕の中で、しっくりこなかったんです。

肌に合わなさそう…というか、目に付くのは「ちょっと悪いことをして目立とうとしている人たち」だったりして。
例えるなら「どれだけイッキ飲みできるか競っている人たち」みたいな。

(お酒は美味しく楽しく気持ち良く飲めばいいのに…)
(体壊したり周りに迷惑かけたり…何のためにしてるの…)

ただの例えですけど、そんな風に思ってしまう僕は、少なくとも「イッキ飲みで目立とう」とも「囃し立ててやろう」とも、思えなかったんですよね。

(…僕も昔は、そういうウェイウェイした飲み会が好きな時期もありましたが…。)

アンチ、というわけでもなくて。
そういうコンテンツは僕はあまり好きじゃないから見ないでいいや、と思ってましたし。
そういう人たちのやっていることを真似しようとは思わなかったので。

わりと気軽に「ユーチューバーでもやったら良いじゃん」という方たちの言葉は僕に響くことはなく、しばらく時は流れました。

「あ、今かも。」と思ったタイミング

2019年10月ごろ。
僕の人生の師匠の1人から、何気ないタイミングで言われたんです。

(「飲食店でバイトとかしながら将来自分のお店を持つとか…」と、ぼんやりした方針を話していた僕に対して)

「粕谷くん…、飲食店をやる、そのために今は修行としてアルバイトをする、それも悪くないとは思うんだけど。
 エンターテイナーであり続けることは、やめられないでしょう?
 その、粕谷くんが思うエンタメ活動と、飲食店をやることとは、掛け合わせるにはハードルが高い気がしない?
 生まれ持ったアルビノという見た目の武器を活かして、エンタメをし続けるなら、大好きで続けているラジオも良いけど、映像じゃない?
 動画でしょう。YouTubeで表現活動、エンタメをしてみる方が向いてるし、少なくとも幸せを感じられると思うけど。」

カテゴリー
アルビノ(アルビニズム) 動画

楽しく真面目な「アルビノ入門」的な動画でユーチューバーよききさんと再び対談してきました

YouTubeチャンネル よきき – YouTube 登録者数123万人!(記事作成時点)

一流ユーチューバーよききさんと、およそ1年半ぶりくらいに対談させていただきました。

今回は、スマホ世代向け双方向型ニュースサイト『withnews(ウィズニュース)のYouTubeチャンネル『withよきき』という企画にお呼びいただきまして。

アルビノで社会福祉士の神原由佳さんと、書籍『この顔と生きるということ』でお馴染みの記者:岩井建樹さんと「アルビノあるある」をネタにおしゃべりしてきました。

とにかく見てもらえればと思いますので、10分弱の短い動画、高評価・コメントなどなどよろしくお願いいたします~。