一番もったいないのは「まだ使えるモノ」でも「もう使わない」こと

一番MOTTAINAIのは使わないこと 日めくりカレンダー
この記事は約2分で読めます。
当ブログは商品紹介の際にアソシエイト広告を使用することがあります。ページ内のリンクを介して商品を購入すると著者に収益が発生することがあります。




どうも!

趣味で整理整頓するブロガー、粕谷幸司です。

令和の時代を迎えてしばらく。
モノが溢れる「供給過多」も問題になっています。

「安くてソコソコのモノを使い捨て」から「高くても良いモノを大切に永く」と考える人が増え
量より質へと価値観が変化してきています。

SDGsへの意識でもありますが、限りある資源を大切に。
無駄にせず、丁寧に使う時代です。

そんな昨今で、特に日本人が持つ呪縛ともいえるもの…、
それが「もったいない精神」です。

「MOTTAINAI」はとても美徳だと僕も思います。
資源を無駄にしてはいけない!

けれどだからといって、使わない不要なモノを、整理整頓をせずに「ただ所有していること」は果たして!?

「資産」は別として。
サイズが合わなくなって、デザインが古くなって、まだ着られるけどもう着ない服とか。
使わない道具、古すぎる書籍や資料・書類、ましてや食べない食品(賞味期限切れ)とか…。

使わないことこそ一番MOTTAINAIじゃないですか!?

実家の母はせっかく買い溜めたモノを「もったいないから」と引き出しにしまい、古いボロボロのモノを繰り返し使い続けていたりします。
「使わないなら新しく買わなければいいし、新しく買うなら使い古したモノを処分して欲しい…」と、まだ説得を繰り返している昨今です。

すべてちゃんと「使い切る」。
使い切れない量があるならそれは持ちすぎです。

さらに言えば「使い切らずに持ち続けている消耗品」は
たとえ「まだ使えるモノ」でも「もう使わないモノ」なら処分するしかありません。

「まとめ買いがお得!」と聞いて買ったものの、使ってみたらイマイチで余らせてしまった洗剤とか…。
そりゃ「使える」でしょうけど「使いたくない」なら「もう使わないモノ」なのです。

本当のもったいなさは「使わない」こと。

売れるもの・譲れるものなら素直に手放す。
そうできないならもう、我慢して使い切るか捨てるか、ですね。

使い切れる量だけを持つことから見直していきましょう。

自分がどれだけ「持ちすぎて無駄にしているか」を見つめ直したら…
売れるものは売る、あげられるものは人にあげる、どうしようもなければ捨てる。

そうしてモノを無駄にしないライフスタイルへ、進化していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました