アルビノの日本人エンターテイナー:粕谷幸司の公式ブログ。アルビノについてやエンターテインメント関連など、好きなこと気になること伝えたいことを大切に、書き留めて発信しているWebサイトです。

タグ: ラジオ

  • [日記]やめよう

    やってみてやめるのも悪くない。
    やってみてやめようと思うだけの意味を得られたから。


    ある時「このまま突然、死んでしまったら、僕は何も無かったことになるのかな」と、ふと切なくなった。
    生きる意味のようなことをいつも考えている僕だから、さほど不自然なことでもない。

    それと最近、本当に記憶がどんどん失われていくことにも寂しさを感じていた。
    まずい病気かも…と不安になったりもしたけれど(そしてその不安は拭い去れはしないけれど)、まあ年齢によるものかなと思うことにして。
    そりゃあ、何十年も生きてくれば、全部を憶えていることなんて無理だろうし。忘れる程度のことなんだからいいだろう、そういうものだろうと考えるようにはしたのだけれど。

    日々、何かしらを考えているのに、それが「何もなく消えていく」ことに、切なさと、虚しさと。
    だからまずは毎日日記を書いてみて、消え続けていくものを残してみたいと思ったんだ。

    それが、2022年8月の毎日ブログ日記更新だった。


    ところで僕は、整理整頓好きとしても表現者としても、“何にもならない”ような物事がわりと嫌いで。
    たとえば何年も使っていない物は、それが多少の思い入れがある物でも「捨てようかな」と思う。
    たとえば表現活動ひとつにしても、誰も求めていない見も聞きもしないなら「やめよう」と思う。
    …それでもどうしても捨てたくない、やめたくない大切な物事は勿論あるのだけれど。

    少し拗れているところで、今回の毎日日記についても、積極的に「見てください!」というものでも無かったけれど、絶対的に「誰かに読んで欲しい」とは思っていた。
    けれど結果、多分、誰も読んでいないので。

    毎日日記は、丁度1ヶ月やってみて、やめることにした。

    (さらに…)
  • [日記]勝手なこと

    表現者ならば、何かを表に現していなければ、と勝手なことを自分に思う。僕は主にオンラインで。

    Twitterでは、たわいないことをほとんど毎日つぶやいているけれど。わずかなフォロワーが減ってしまうのを恐れて言葉を選び、結果的に愚にもつかないどころか何でもない、そう何でもないものでしかなくなってしまっている。

    Podcastラジオでも、思い切りトークに全振りしようと決めたはずなのに。気になることが多すぎて、そのわりに不足が有りすぎて。思うように全然できない。自分で面白いと思えていないなら、リスナーが楽しんでくれるはずも増えてくれるはずもないことは知っているのに。

    …というか今は、オンラインで表現活動が盛り上がる、バズることも全く不自然じゃない。ネットで話題の人々がテレビに出ることの多いこと。なのに…掴めていない僕という表現者は、何も成していない何ものでもない存在なのか。

    でもやっぱり、表現者をやめるつもりはさらさらない。だからやっぱり、何か次へ。

    表現する方へ、進んでいきたいと思い続けるんだ。いまからみらいへ。

  • [日記]新しい刺激

    新しい物事に出会う刺激は脳の活性化に良いと、脳科学者の方がラジオで言っていた。

    そして、遠い未来や過去でもなく、今という瞬間に集中することもまた、脳の活性化に良いらしい。

    反対に、同じことばかり延々としていたり、どうにもならない未来や過去のことばかり延々と考えていると、脳の活動が鈍るそう。

    正直、嬉しかったー。

    とにかく新しい物事が好きな僕ですし、新しい物事に触れているときの喜びを強く感じていたから。

    脳科学的に、この感覚は間違いじゃなかったんだ。