映画『俺はまだ本気出してないだけ』

俺はまだ本気出してないだけ

僕もまだ本気出してないだけ!

観る前から良さそうな雰囲気ジンジン感じていたのですが、ようやく観まして、やはり、とても良かったです!

原作 – 青野春秋
監督・脚本 – 福田雄一
出演 堤真一 橋本愛 生瀬勝久 山田孝之 ほか

あらすじ
大黒シズオ、42歳。バツイチで子持ち。「本当の自分を探す」と勢いで会社を辞めるも朝からゲームばかり。父親には毎日怒鳴られ、高校生の娘に借金し、バイト先ではミス連発。そんなある日、「とうとう見つけちゃった。俺、マンガ家になるわ」と宣言するのだが…!?

福田雄一 監督・脚本と聞くと、今だと『勇者ヨシヒコ』 シリーズ やドラマ『今日から俺は!!』が有名だと思うのですが。
この映画はもう少しおとなしいというか、優しく穏やかな物語で、クスッと笑えながらも「生きてくってなんだろう~?」なんて、ぼんやり考えちゃう良い映画でした。

“映画『俺はまだ本気出してないだけ』” の続きを読む

テレビを買おうと思ったら…令和の時代は ひとり暮らしでも「充分デカいの」買えます!

テレビ 43Vと20V 買い替え

僕はテレビが大好きです。
特にドラマやアニメをよく観てます。生きがいです!

あとインターネットが大好き。
アルビノ・エンターテイナー:粕谷幸司です。

これまでのテレビ遍歴は

実家に住んでいた大学生までは、基本的には「居間のテレビ」を観ていました。
親や兄たちが家にいなければ、僕はずーっと居間のそのテレビを観ていました。

自分のテレビ、というくくりで言うと、友だちにお古でもらった小さなテレビデオが最初だったと思います。
その頃には自分の部屋にパソコンを置いていたので、DVDなんかは自分の部屋で観られたのですが、改めて自分の部屋に自分のテレビが来た感動は大きかったと思います。

それからしばらく。

ひとり暮らしをはじめてからも、しばらくはその小さなテレビデオを使っていたのですが。
確か…仕事が忙しかったか何かで、今思えば信じられないのですが「もう…テレビなんて要らない」と思ってしまった時期がありました。
で、友だちからもらったその小さなテレビデオは他の友だちに譲り。
少しの間、僕の部屋にはまた、テレビがありませんでした。

今から10年くらい前にテレビを買ったんだけど…

20V SHARP AQUOS

世の中が「地デジ化!地デジカ!」と騒がしかった頃。
「…やっぱりテレビ観たくない?」と、寂しさが募った僕は、この、SHARPのAQUOS 20V型を、3万円強で購入しました。

“賃貸マンションなどにお住まいの方で、建物(お部屋)が地デジ化されていなくても安心! 地上アナログ放送も地上デジタル放送も両方とも映ります!”という、なかなかなハイブリッドで良さそうだったのが決め手でした。

“テレビを買おうと思ったら…令和の時代は ひとり暮らしでも「充分デカいの」買えます!” の続きを読む

アルビノの日本人の僕らの近影

アルビノ 粕谷幸司と神原由佳さん

先日…

【withnews books『この顔と生きるということ』出版記念】
村本大輔が斬りこむ「見た目問題」
恋愛・就職・生きづらさ~当事者と語る

…というイベントに行ってきました。

その際に、久々に『私がアルビノについて調べ考えて書いた本――当事者から始める社会学』の矢吹康夫さん(@yabukiya03)とお会いしたので、写真を撮ってきました。

アルビノ 矢吹康夫さん・粕谷幸司

軽くご飯を食べながらお話しました~。

と、同じ日に同じイベントで…。

「いつか会ってみたいなあ~」と思っていたので、初めてお会いした記念に写真を撮ってきました!
ちょっとご挨拶しただけだったのですが、ニコッと笑いながら話す感じとか、何かワクワクを探しているような雰囲気が、とても良さそうだな~と思いました。

またぜひお話したいです!

それと、同会場でアルビノ・ドーナツの会の薮本舞さんともすれ違ったのですが、ドタバタしていてゆっくりお話は出来ませんでした~…残念ッ。
けど、元気そうだったし良かったです。

そうなんです、結構みんな、それぞれ元気でやっているんです。