死ぬ気になれば…そこから逃げることもできる

「死ぬ気になれば何でもできる」というフレーズに、いつからか小さな違和感をおぼえてる。

大体このフレーズが使われるのは、しんどくてしんどくて、もう無理だーと思うときに“他者から”じゃない?

死ぬ気になれば何でもできるんだから…どんなにツラくて無理でも頑張れよ、みたいな言われ方をすることが、多い(ような気がする)。

けどねえ〜、死ぬ気になってまでやることなのかな?と、考える余裕が無い状況で「死ぬ気になれば…」とさらに追い込むのってどうなんだろうねえ。

今の時代、体が丈夫でも心が壊れてしまうのは良くないと、ちゃんと浸透してきているし、理解されてきているし、当たり前になるべきだと思うから。

むしろこの言葉は、自分の心身を護るために、大切な人を壊してしまわないために。

「死ぬ気になれば何でもできる。」

学校だって死ぬよりは行かないで良いし、会社だって死ぬよりは休んだって辞めたって良いし、家庭だって死ぬよりは離れてしまって良いし。

死ぬ気になれば、自分の心身を護るために、そこから逃げることもできる。

という意味で、このフレーズを使えるようになれると、良いねえ。

【2021年】本年も何卒よろしくお願いいたします

2021年 書き初め

明けましておめでとうございます~。

みんな幸せにな~れっ。
“幸せを司る”と書いて幸司、アルビノ・エンターテイナー 粕谷幸司です。
(この挨拶…2020/12/04のYouTube Liveから急に使い始めました)

さて…、今年はどうなりますかねえ~。
どうしていきましょうかねえ~。

あけましておめでとうございます
2021年1月1日 アルビノ・エンターテイナー 粕谷幸司

去年は、煽らない系ユーチューバーとして主におうちから穏やかな時間を発信する生活をしていた上旬。
そして、何もできないけれど何か想いを届けられれば…と、悶々としながら StayHome していた中旬。

そこから、見通せない未来の世界を、なんとかエンタメに関わりつつ、生き抜いていきたいと考えながら…縁があり、今の会社に入ることになりました。
[お知らせ]実はこの夏…会社員になりました。 | KASUYA.net

正直なところ、なかなか忙しすぎて表現活動にかける余裕が全然無い日々が続きまして。
下旬は制作会社員として、ほとんど仕事しかしていない暮らしをしていました。

けれど…、やはり、これまで歩んできた道は、確かに僕の踏みしめてきた軌跡でしたね。
頭の中はいつも休むことなく、考えて考えて…、色んなことを感じて想っていました。

そうして、いまからみらい、また新しいいきかたに、想いを馳せています。

やりたいことリストを書き出してみよう!

“【2021年】本年も何卒よろしくお願いいたします” の続きを読む

[お知らせ]実はこの夏…会社員になりました。

あらためまして。
応援くださっている皆々様、誠にありがとうございます!

アルビノ・エンターテイナー粕谷幸司です。

思い返せば…ここ2年ほど。
アルビノ丸刈り坊主企画をやったり、ユーチューバーよききさんと再び対談させていただいたり、自分が面白いと思う表現活動を模索したり挑んでみたりしつつ…。

「これからどうして生きていこう?」と、考え続けていました。

20社くらい中途採用にエントリーしてみては落ちてみて。
何度も繰り返し「自分が将来、どんな風に生き続けていきたいか…」と、考えることだけは止めずにいたのです。

…で、ようやく辿り着いたというか、本当は自覚していたけれど怖じ気ていたというか。
やっぱりエンタメに携わり続けて生き抜きたい、と思ったんです。

小さい頃から今でもずっと、テレビドラマやアニメ、映画もラジオも大好きで。
これからも人生を通して、エンターテインメントの仕事に関わり続けたい。
元々だいぶ好きだったけれど近年はさらに、ユニットProject One-Size の立ち上げメンバー2人が声優として活躍する姿も見ながら…、声優業界も強く意識しつつ、エンタメの仕事をしていき続けたい、と。

そうして思い至りつついたころ、とてもタイミング良く、それまでフリーランス(自由業)として仕事をいただいていた制作会社が人を探している、という話を耳にしまして。

大げさかもだけど運命かも?と、思ったりしたのでした。

“[お知らせ]実はこの夏…会社員になりました。” の続きを読む