アルビノの日本人エンターテイナー:粕谷幸司の公式ブログ。アルビノについてやエンターテインメント関連など、好きなこと気になること伝えたいことを大切に、書き留めて発信しているWebサイトです。

タグ: 時代

  • 手元の大切なVHSビデオテープをDVD化して思い出を未来へ繋いだら多幸感あるー!

    主に昭和生まれの僕たちには、思い出を大切に録画して保存しておくためにVHSのビデオテープを使うのが当たり前だった。

    今から40~50年前の、昭和50年代。
    それまで「テレビ番組を家で録画して、いつでも好きな時に見られる」なんて概念が無かった中、ビデオテープとビデオデッキが登場し、多くの一般家庭に普及していった。

    今から20年ほど前の2000年代には、PCの普及とともにDVD-Rも徐々に一般化し、テレビ番組もDVDデッキで録画する文化が拡がっていった。
    その後、今から10年ほど前の2011年にはテレビ放送が完全に地デジ化となり、DVD-Rでの録画も物足りなくなっていき。
    ハードディスクレコーダーや、テレビに直接HDDを繋いで録画できるよう進化を続けてきた折、近年ではネット配信が定着してきたこともあって…「録画しておく」という行為そのものも、段々と重要ではなくなってきたように感じる。

    そんな時代の大波の中、2016年7月には国内でのビデオデッキの生産が完全に終了している。

    さて。
    2022年の今更、手元に大切に保存してあるVHSビデオテープは、どうしたものか。

    選択肢は「捨てる」or「移す」の2択のみ

    上に書いた通り、とっくに家にビデオデッキなんて再生機は無い。
    そしてもう世の中では生産されないビデオデッキ。

    中古のものを探せば見つかりはするものの、ある意味で希少価値・プレミアム価格が付いている始末。

    そもそももうこのままでは“一生見ることが物理的に出来ない”ビデオテープたち。
    それに、結構かさばり邪魔になる、ビデオテープ。

    けれどやっぱり…大切な思い出を録画してあるビデオテープは、捨てられない。

    僕の場合は、大学時代に参加した演劇企画の記録映像とか、学生での自主制作映画とか。
    …まあ仮に、見られるとしても一生見返さない可能性もあるのだけれど。

    パッケージ化も配信もされることはない、捨ててしまったら本当に無かったものになってしまいそうな思い出という人生の一部。

    ずっと「どうにかしたい」と思い続けていた。

    何度も「もう捨てちゃっても…」と思いながら、けれど捨てられない。
    引っ越しのたびに「かさばるな…見ることも出来ないのに…」と思いながら。

    (さらに…)
    手元の大切なVHSビデオテープをDVD化して思い出を未来へ繋いだら多幸感あるー!
  • 「今どき大企業こそ見た目での差別はリスクですから」と明確に聞けて!未来への希望を感じられた面接の話

    「おぉ〜、すごいインパクト!」

    Zoomでのリモート面談の時間になり、画面がオンラインになった瞬間、担当の方はとても明るく面白そうに言った。

    「そこまで(の髪色)にするのは(ブリーチ)痛かったでしょう?」

    興味津々といった様子で、そしてどこか羨望のニュアンスを含んで発せられたその言葉に、僕は嬉しく感じながら、いつもの説明をはじめた。
    (多分、少しニヤけてしまっていたんじゃないかと思う)

    僕は、生まれつき体内に色素が無い“アルビノ”という体質で、
    この髪色も、肌の色も目の色も天然モノなんですー。

    今回エントリーしたのは、大企業向けのコンサルティング会社で。
    Web応募からは氏名・学歴・職歴などのデータはお送りしていたものの、顔写真の添付は求められていなかった。

    とはいえ、募集要項などを見る限りインターネットリテラシーは高い会社だと思っていたので。
    エントリーから書類選考、そしてWeb面談までの間には名前検索くらいはしてみるものかと思っていた。
    僕の場合は軽く検索してくれれば、プロフィール画像とともにこれまで発信してきたものが山ほど引っかかるはずで…、なのでちょっと(あぁ初見なんだ)と思いもしたけれど。

    まあ…、同姓同名もいるし、自己発信のプロフィールは信憑性の保証も無いし。
    応募者の名前をいちいち全員検索するほど暇でもないか。


    「髪色や髪型や服装で判断することはありませんので」

    面接担当者はそう言って、改めて会話を進める。

    (さらに…)
    「今どき大企業こそ見た目での差別はリスクですから」と明確に聞けて!未来への希望を感じられた面接の話
  • [日記]時代を語る人

    昔はこうだった。そんな言葉を先人たちから聞くとき、とても嬉しい気持ちになることも、とても煩わしく感じることもある。

    自分が通ることのない過去の話は、貴重な記録としてありがたく授かりたい。けれど時代遅れのやり方を押し付けられているように感じるときは、時代と共に進化していこうとする足を引っ張られているようで鬱陶しい。

    時代を語る人が好きだ。変化していることに柔軟に、肯定的に生きている人が大好きだ。

    昔はこうだったよね。今は便利になってスゴいよね。けれど前よりよっぽど“出来て当たり前”なことが増えて、大変でもあるよね。私たちの時代とは、変わったよね。

    今この時代に生きているから、昔の世界が一層輝いて見えるもの。そのきらめきの中を、立ち止まらず進む人たちが、好き。